無料占いサイト恋愛と人間関係

除霊はやってはいけない!!
自分で霊を祓う方法

これをお読みいただいているあなたは、もし除霊を考えているなら、安易にやらないでください。 またハッキリした障害がない限り、霊能者に依頼しないでください。

霊とは、ただ体から引きはがして終わりではないのです。 除霊とはどういう作業なのか?何を意味するのか?をよく考えてからにしてください。

除霊は危険

除霊と浄霊がある

霊を祓う方法には2種類あり、除霊と浄霊があります。

除霊はただ身体から霊を引きはがすだけの行為ですが、浄霊は霊を引きはがしたあと、さらに成仏させる方法です。

除霊は本当に恐ろしいものです

除霊をすると一時的には霊が離れていくため患者は終わったあとにスッキリしますが、 霊は患者の身体にいるのが一番居心地がいいため、あとで再び戻ってくる可能性が高いのです。

しかも再び戻った霊はこれまで以上にとても強い霊障を出すため危険です。

そのため、

除霊をやるのは絶対にNGです!

除霊は危険

中には、患者の身体を叩いたり怒鳴ったりして無理やり除霊する霊能者もいますが、こうして強引に追い出した霊がふたたび戻ってくると、命の危険を感じるほど強い霊障を出すので非常に危険です。

本来であれば除霊で引きはがすだけでなく、ちゃんと成仏させるのが正しい方法です。

除霊しか行っていない霊能者は、霊障の恐怖や実態をよく理解していない証拠です。

たまに除霊が5万円、浄霊が10万円…などと値段でわけているのを見かけますが、浄霊ができるなら最初からそれをやるべきです。甘い言葉にだまされないでください。かえって不幸になってしまいます。

スポンサーリンク

強引にはがすのではなく自然に離れるのを待つ

霊は、生きている人間が霊と同じ波長を持ったときに憑依します。

たとえば、恨みをもった人間には、恨みをもって亡くなった霊がつきます。お金にがめつい人は動物霊がつきますし、毎日マイナスなことばかり考えていれば低級霊がつきます。

だからたとえ霊に憑依されても、マイナス思考をやめるだけでも、だいぶ霊の影響を断ち切ることができるのです。

これについては以下の記事も参考になるので合わせてお読みください。

▼呪われるとこんなサインがある

▼霊に憑かれるとどうなる?霊の種類一覧

▼心霊現象の種類

▼死相ってどんなの?顔に出るサイン

霊に同情しない

霊に憑かれない第一条件は、霊に同情しないことです。

もちろん、霊が生前に味わった苦しみを理解しようとする気持ちは必要です。ですが同じ苦しみを感じて、

「そうだよね、つらいよね、私もだよ」

などと同情してしまうと、霊は助けてほしくて憑りつきます。霊は成仏されることを期待して、ますますあなたに霊障を出すのです。霊に同情しても、私たち人間には霊を成仏させる能力はありません。霊を成仏させられるのは神様だけです。

同情と理解は別物です。

それをはき違えないことです。

あなたが明るい波動を出していれば、霊は居心地が悪くなってあなたの体から自然と出ていきます。また、いたずらに霊のいる場所へ行ってはいかないでください。余計なものをもらってきてしまいます。

スポンサーリンク

霊に憑かれたときのセルフ除霊法

霊はそこらじゅうにいるので、霊のことを考えるだけでそばに寄ってきます。波長が合わさってしまうと簡単に憑依されます。

もし憑依されても洗脳されなければよいのですが、実際は洗脳されてしまう人が多いので、そんなときは以下の方法をお試しください。

ステップ1念じる
「私にはあなたを成仏させることはできないので、神様に成仏してもらってください」と心で念じる。これだけでだいぶちがいます。
ステップ2線香
自宅でお線香をたきます。
煙が出るタイプがよいです。 煙は「煙の流れにのって霊が天空へ上がる」意味があるため、成仏へとつながりやすくなります。
ステップ3

身体に塩をかけて浄化します。
(身体にかけるときは外にでて、玄関から離れた場所でやってください)
そして盛り塩を作ります。まずは玄関先に置きます。さらに部屋の四隅にも置いてください。塩を置きっぱなしにするとそこに霊がよりつきますので気をつけましょう。

盛り塩の正しいやり方も合わせてご覧ください。
ステップ4神様
近くの神社へ参拝に行きます。
身体を浄化するつもりで祈るとだいぶ良くなります。「不浄なものや霊障を祓ってください」と祈ればよいでしょう。

なお、神社に行くときはかならず開運や悪運退散、浄化、霊障除けなどを司っている神様にお願いしてください。恋愛など、ちがう仕事を司っている神様にお願いしても意味がありません。これについては神様に願い事をしても叶わない10の理由にもありますのでお読みください。

 

上記の方法を試せば、だいぶ霊が近寄りにくくなります。

霊が近寄りにくくなります。

ただし、やはり自分の気持ちの持ち方が一番大事なので、心が悪いとほかの霊がまたやってきます。

なお、憑りついている霊が先祖などの自分の身内だったり、誰かから恨まれているなど、何か重大な関係のある霊だった場合は、その問題を解決しない限り一生続きますので、自分についている霊がなんであるのか?よく考えてみてください。

以下の記事が参考になります。

▼運が悪いと思ったらここをチェック

▼先祖の正しい祀り方

▼神様の祭り方

▼生霊を祓うには?

まとめ:霊に憑かれない人間とは

霊に憑かれない人は、以下の人です。

  • 霊に同情しない
  • 肝試しや心霊スポットに行かない
  • あまり霊のことを考えない
  • 人に恨みや妬みを持たない
  • つらいつらいと嫌なことばかり考えない
  • 人や物に強く執着しない
  • 嫌がらせをやめる
  • 人を陥れようとしたり策略をしない
  • 神様の祀り方が正しい
  • 仏壇や先祖の祀り方が正しい
  • 日頃から神社などへ行って神様に触れている
  • 自分のすべき仕事をきちんと行っている

上記のことに気を付けていれば、たとえ霊がついたとしても、霊は居心地が悪くなってあなたの身体から出ていくでしょう。

運をよくするためには、以下の記事も参考になりますので合わせてごらんください。

▼安易な神頼みはよくない?

▼導かれていると思ったら神がかり

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

霊に関係するコラム

神霊占いもあります

スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

▼facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります