無料占い恋愛と人間関係[占いレディ]
姓名判断

姓名判断が無料でできます。

運勢や恋愛運、仕事、人間関係が診断できる当たる占いです。
姓名判断は名前だけで診断する相(そう)の占いです。名前がついた時点で、人も物も運命がわかるのです。

基本運勢

スポンサーリンク

姓名数による占い

姓名数は表面的な性格をあらわしています。

名前に関するコラム

格それぞれの意味

格それぞれの意味

天運(家系)

苗字の総画数のことです。代々受け継がれた運をあらわします。

同じ苗字を持つ人はみな同じ運…となりますが、姓名判断において天運だけで判断することはなく、ほとんど影響しない運勢です。

ただし人生全体で見たとき、先祖からの影響など、なんとなく家計全体で似たような傾向は見つかるかもしれません。基本的にはここが悪くても気にしなくてよいでしょう。

人運(性格)

苗字の最後の1文字と、名前の最初の1文字を足した画数のことです。

性格やコミュニケーションの取り方をあらわします。人間関係、恋愛運、対人傾向などもここでわかります。ただし他の画数とてらしあわせて、最終的な結果は総運を見ます。

地運(潜在)

名前の総画数のことです。

潜在的な性質をあらわします。その人が生まれ持って備わった才能や、自分でも自覚していない気持ちや能力をあらわします。無意識の世界なので、自分が知りえなかった能力を発見したいときは地運を活かすとよいでしょう。

また、幼少期はまだ人間性がしっかり確立されておらず、周りの人間に環境を決められることが多いため、人運や外運が控えめな判断になります。そのためこの地運の要素が強く出てくる傾向があるようです。

外運(影響力)

苗字の最初の1文字と、名前の最後の1文字を足したものです。

外運は他人への影響力をあらわします。自分が動いたことで周りにどんな影響があるか、そして社会的な評価、名声、出世などもここをチェックします。

また、偶然やってくる幸運や不運もここで診断します。人が動くと運勢も動きますが、必ずしも良い方向に動くとは限りません。自分のちょっとした動き一つが、めぐりめぐって自分に跳ね返ってきます。

総運

画数すべてを足したものです。

総合運勢や、最終結果をあらわします。最終的にどんな人生になるのかはここで判断します。一般的な姓名判断はおもにここだけを見て診断することも多いです。

画数の考え方

苗字と名前いずれかが三文字以上

画数の考え方

苗字と名前どちらかが3文字以上の場合は、外運が変わります。外運の計算は、通常は苗字の最初の1文字と、名前の最初の一文字だけをとりますが、

3文字以上の場合は、苗字の最後の1文字を残したすべてを苗字とし、名前の最初の1文字を残したすべてを名前として計算します。

苗字と名前いずれかが一文字

苗字と名前

苗字と名前どちらかが1文字の場合は、外運と天運、地運が変わります。

苗字が1文字しかない場合は、苗字の最初に1文字を挿入します。名前が1文字しかない場合は名前の最後に1を挿入して計算します。

苗字も名前も両方1文字の場合は、合計2が足されることになります。

注意点は、総運には影響しないことです。総運の計算はあくまで自分の漢字だけの総画数を計算します。

新漢字と旧漢字はどちらで見る?

新漢字と旧漢字どちらがいいの?という疑問がよくありますが、答えは、

普段使っているほうの漢字で診断する

が正解です。

たとえば「緒」の文字で考えてみましょう。新漢字は「緒」で14画となりますが、旧漢字は「緖」で15画です。一見すごく似ていますが、よーく目をこらしてみると旧漢字のほうは者に点がはいっています。

あなたのご両親が名前をつけたとき、新漢字で命名された場合は新漢字で占ってください。一方、旧漢字を使って命名された場合は旧漢字で診断してください。名前に旧漢字が入っている人はおそらく自分でご存じの人も多いかと思います。

自分の漢字が新漢字か旧漢字かわからなくても、

当サイトの占いは普段書いている名前で占えば、そのままの画数で占えるようになっています。

姓名判断のサイトによっては新漢字か旧漢字か選ばせるところがありますが、自分の名前が旧漢字なのか新漢字なのかわからない人が占っても意味がありません。

普段自分が書いている漢字を使い、見たままの画数で占うのが正解です。

スポンサーリンク