無料占いサイト恋愛と人間関係

言葉を使いこなそう言霊の力で幸運にも不幸にもなります

言霊(ことだま)とは、言葉ひとつひとつに力が宿っているとする考え方です。よい言葉を使えばよい言霊となり、悪い言葉を使えば悪い言霊となります。

言霊とは

言霊は「言魂」とも言い換えられ、言葉には人の思念や魂が入るとも言われており、言霊学や言霊信仰、言霊思想といった分野で研究が続けられています。

ちなみに英語では、以下のように言いかえられます。
the spirit of language、the soul of language、the power of language

スポンサーリンク

言霊の力は本当に強力

言葉の効力と効果は非常に強力なので注意 日ごろ一緒にいるメンバーの中で、 いつも文句を言っている人や、愚痴の多い人、 小言ばかり言っている人はいませんか?

職場や学校にそうした人がいると、 かならずといっていいほど雰囲気が悪くなっているはずです。

悪い言葉を使う人がそばにいると、 その言葉が言霊となり、言葉を発している本人はもちろん、 言葉を聞いた人までもが運気が落ちます。この力は思っている以上に強力で、他人に大きな影響を与えます。

疲れた・どうせできないは悪い言霊

悪い発言が凶作用をもたらし周囲も環境が悪化する よくある悪い言霊として、会社や学校から帰ってくると「疲れた」しか言わない人です。 このような人は家族にも疲れた波動を送っているので、 家族全体が本当に疲れてしまいます。

疲れたと言っている本人は毎日をいっぱいいっぱいで過ごしているので精神力が持たずにこう言ってしまうのですが、なるべく言わない努力が必要です。

また、「どうせできない」という言葉も同じです。 職場や友人などでこのような人と一緒にいると、 周囲もできないムードになってしまいます。 できないできない、と言っているうちに本当にできなくなってしまいますので気をつけてください。

とくに親が子供に対して「お前はなんてダメな奴なんだ」と言っていると本当にダメな子になります。

悪い言霊をブロックする方法

悪い言霊をブロックするには、悪い言葉を使う人間と付き合わないことです。 そう簡単な話ではありませんが、これが一番確実です。

相手が職場の上司だったり、家族だったりすると簡単には離れられませんね。そのようなときは、

反対の言葉、または
フォローの言葉を使います。

反対の言葉
「できない」と言われたら「できる」と打ち消して、相手の負の波長を切り捨てます。
フォローの言葉
「疲れた」と言われたら「なら休んで」とフォローして、相手の精神力をいち早く回復させます。

こうして「反対」するか、「フォロー」するなどして、自分の心にダイレクトに相手の言霊を受け入れないことです。

一番よくないのは、「疲れた」と言われたときに、「私も疲れてるんだから我慢して」などと言ってしまうことです。これではお互いに負の言霊を使いあうため、ますます疲れてしまいます。

言霊は悪用できる

言霊の悪用

悪い言霊はどんなにブロックしても、少しずつ潜在意識に蓄積されていきます。 なので毎日悪い言葉を使っていけば、それは相手を陥れる力にもなりえます。

嫌いな人を遠ざけたり相手に復讐したい場合は、冗談だと言いつつ相手を攻撃する言葉を使っていけば、かならず大きなダメージになります。

たとえば、笑いながら「私あなたに一切協力したくないわ」といったあと「いやいや冗談だよ~」といったフォローします。ですが最初にいった「協力したくない」という言霊は確実に相手にダメージを与えます。

言霊は言うことで自分の心もすこしずつ傷つけています。あまりおすすめしませんが、嫌いな人を遠ざけたい場合は攻撃の言葉を使い続けると遠ざけられます。

ですが、やっぱりおすすめしません。

言霊の力に負けそうになったら

心が病んで精神的に疲れてしまったときにすること 日頃から悪い言葉を使う人がそばにいると、心が疲れたり、精神的に耐えられなくなります。そうしたときは自分の胸をさすったり叩いてみると精神的に落ちつきます。

「手当て」という言葉がありますね。心が傷ついたときも同じで、実際に胸をさすったり、軽く叩いたりすると、心の痛みを和らげることができます。

これは神経のマッサージ効果にもつながります。実に簡単な方法ですが高い効果が得られます。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

もっと人がわかるコラム

スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

▼facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります