無料占いサイト恋愛と人間関係
星座の神話ギリシャ

冥界の王ハデスは悪人?
乙女座の神話

乙女座は、農業の女神デメテルが娘のペルセポネを心配する姿が星になったとされています。

デメテルとペルセポネの母娘

農業の女神デメテルには、神々の王ゼウスとの間にペルセポネという美しい娘がいました。デメテルはゼウスの実の姉でしたが、ゼウスの強引な行為でできた子がペルセポネでした。

デメテルはゼウスのことが嫌いでしたがペルセポネのことは愛していました。そんなペルセポネに冥界の王ハデスは恋をし、冥界に連れ去ることを考えました。

冥界の王ハデスが恋をする

冥界の王ハデスが恋をするある日、ペルセポネが花を摘んでいると、ひときわ美しい花を見つけました。ペルセポネが花に近づき摘み取ろうとしたところ、突然目の前に大きな穴が開き、そこから戦車が現れました。

戦車には青白い顔をした男が乗っていましたが、それがハデスでした。ハデスを見てペルセポネは怯みましたが、逃げるよりも先にハデスに捕まり、そのまま冥界へ連れ去られました。

デメテルの嘆き

デメテルはわが娘が連れ去られたことを知りショックを受けます。そして農業の女神であったデメテルが内にこもってしまったことで、農作物が育たなくなり実りが得られなくなりました。

この事態に気付いたゼウスは直接ハデスの元へ行き説得します。ハデスもゼウスの頼みを無視するわけにいかず、やむを得ずペルセポネを返すことにしました。

ザクロの甘い罠

ザクロの甘い罠ペルセポネを返すとはいえ、ハデスは冥界の王です。タダで返すはずがありません。

ハデスはペルセポネにお詫びとしてザクロの実を渡しました。「帰りにこれを食べながらお帰り」などと言って。

ペルセポネは何の疑いも持たず、ザクロの実を食べながら帰りました。

冥界のルール

ペルセポネが帰ってきたことでデメテルは喜びましたが、手に持っていたザクロを見て驚きました。なんと、冥界の食物を食べた者は、冥界で生きることが世の中の義務だったのです。ペルセポネはそれを知らずに食べてしまいました。

スポンサーリンク

ペルセポネはどうなる!?

ペルセポネは冥界で過ごせなければならなくなりましたが、デメテルの抗議もあって、ゼウスを含めほかの神々とも相談し、どうするか議論されました。

そして結局、ペルセポネが食べたザクロの実を一粒1か月として換算し、ペルセポネは3粒ほど食べたので、1年のうち3か月の間は冥界で過ごすよう決定されました。

悲しむ母デメテル

デメテルとペルセポネペルセポネが永遠に冥界へ行くことは逃れましたが、定期的にいなくなるため、デメテルはペルセポネがいない間だけは内にこもるようになり、その期間は農作物が育たなくなりました。

このデメテルが娘を思って心配している姿が星になり、乙女座になったと言われています。

乙女とは娘ペルセポネのことではなく母デメテルのことだったのですね。

神話から見る乙女座の性格

星座占いでは、乙女座の人は現実的でマイナス思考だが、追及を続ける粘り強さがあるとされています。

デメテルもペルセポネを連れ戻すという目的を達成するため、嘆きながらもハデスや神々に訴えを続けました。こうした粘り強さがそのまま乙女座の性格として受け継がれいるのかもしれませんね!

スポンサーリンク

ほかの星座の神話も見る

多くの反響があった星座占いです

12星座をもとにした当サイトの無料占いが「単純だけど当たってる!!」としてSNSでたくさんの人にシェアされました。あまりの反響っぷりに有名動画サイトでも紹介されました。あなたも面白いと思ったらぜひシェアしてネタにしてください。

ほかの星占いコラム

★占いの新着がfacebookで受け取れます

スポンサーリンク