無料占いサイト恋愛と人間関係

スピリチュアルの視点で見る怖い夢を見る人は性格が悪い?
9つの原因と解決法

多くの人は、夢の中で弱い立場になっています。

とくに現実世界で強い立場にいる人ほど、夢の中では怖い目にあい、悪夢ばかり見ている人が多いのです。

それは現実で強い性格をむき出しにしているから、夢の中でうなされるのです。

つまり怖い夢をよく見る人とは、
多くは本人の性格に問題があります。

怖い夢を見る9つの原因と解決法

毎日の生活で怒ってばかりいたり、不満を抱えたり、恐怖が強かったり、焦ってばかり考えていると怖い夢を見るのです。

ここではスピリチュアルな視点で見る、怖い夢を見る原因について考えてみます。

スポンサーリンク

原因1:恨みつらみがある

これは、怖い夢を見る代表格ともいえる性格です。

恨みつらみを持っている人は、夢の中で地獄に行きます。

実際に地獄の夢を見る人もいるし、殺されそうになったり、夢の中で戦いを繰り広げ、そこで必死に逃げているのです。ひどいケースになると、自分の叫び声で目覚める人もいます。

怖い夢を見る代表格

「恨み」の感情そのものが、負のエネルギーを作りだし、魂を汚しているのです。

そうした戦いの精神は、レベルの高い天界では到底受け入れられないものです。それをあなたに気づかせるために悪夢を見させられます。

また、人を恨むと潜在意識が攻撃モードに切り替わり、相手を呪っているのと同じ効果が生まれます。

そして心に悪魔が住みつくのです。この悪魔が悪夢を見せます。

生霊も飛んでしまうので、体調は悪くなるし、生気が弱って運勢は落ちるし、何もいいことがありません。

解決法は?

穏やかな性格になる

なるべく毎日を穏やかに過ごすしかありません。恨みを持たないことが一番の解決策です。

嫌いな人がいても、その性格を許す器量が必要です。いつまでも恨んでばかりいては、あなたが幸せになれないのです。

許せない人を許す方法も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

原因2:攻撃性の高い性格をしている

攻撃性の高い性格をしていると、悪夢を見てしまいます。

攻撃性の高い人はいつもイライラしています。怒りの沸点が低くて、普通の人より不平不満を抱える機会が多くなります。イライラした分だけ心臓に負荷がかかっているわけです。

攻撃性の高い性格

とくに完璧主義の人は、ちょっとしたことにイライラしやすいでしょう。

あいつに負けたくない…という気持ちがあったり、絶対勝つ!といった攻撃性が、悪夢を見させるのです。

勝つ!といった気合も必要なことですが、勝つことばかり考えて上から下を眺めることを望んでいるなら、それは地獄行きの考え方なのです。

解決法は?

戦って解決するより平和な解決を

戦いの精神よりも、和の精神をもちましょう。

戦ってばかりいるから悪夢を見るのです。世の中うまくいかないことも多いですが、そのたびに「なにクソ」と怒っていると、その感情が悪夢を見させます。

もっとゆとりをもって。

他人の悪いところを受け入れる包容力が必要となるでしょう。また、他人の悪いところを攻撃するのではなく、教えて諭せるようになれば、あなたはもう悪夢を見ないはずです。

原因3:他人に多くを期待しすぎる

他人に期待しすぎる感情は、「すがる」感情と同じです。

「すがり」は不成仏霊と同じ感情なんです。

不成仏霊たちは、自分で成仏できないから人間にすがって楽になろうとしています。

だから人にすがったり、多くを期待してばかりいると、不成仏霊たちと同じ感情になり、さらに卑屈になったり不平不満ばかり出てきて、怖い夢を見させられます。

潜在意識からのメッセージ

他人に期待しすぎて文句ばかり言っている人は、おそらく夢の中では何かにしばられたり、動けなかったり、走っても動かない…、などの夢を見るはずです。

これは夢の中で霊にすがられているからです。

あなたの体にいっぱい霊がすがってますよ。それは日ごろ、あなたが誰かにすがっているからです。

解決法は?

他人に期待しすぎない

自分と他人は別人です。

やってくれるだろう、という過剰な期待は自分を破滅させます。やってくれたら儲けモンくらいに考えておけば、やってくれたときの喜びも倍増します。

やってくれて当然という感情は悪夢の原因なのです。

原因4:マイナス思考

マイナスなことばかり考えている人は、悪夢を見ます。

どうせだめだ…と諦めたり、卑屈になったり、相手をひがんだり、嫉妬したり、自分を卑下する機会が多くなるほど、自分で自分をいじめていることになります。

その感情が夢の中に持ち込まれ、怖い夢となるのです。

マイナス思考

解決法は?

寝る前に楽しいことを思い出す

寝る直前に考えていたことは、夢の中に持ち込まれやすくなります。

眠る前はリラックスして、なるべく無心を保つ訓練をしてみてください。 寝る前に今日1日あったことを思い出す人が多いですが、悪いことを思い出す人が多いです。

今日1日でどんな楽しいことがあったか、最低ひとつは思い出す習慣をつけましょう。

原因5:警告夢である

警告夢は、心臓がドキドキするほどの怖い夢となってあらわれます。

多くは殺される夢追いかけられる夢怪物・巨人の夢 となって夢に出てくることが多いでしょう。

警告夢というのは、夢主の人生がこれから悪くなることへのアラートです。

  • そんな性格じゃだめだよ!
  • それをやったら悪いことが起きるよ
  • このままじゃトラブルになるよ

という潜在意識からのメッセージなんです。

潜在意識は夢主の魂が成長するように、一生懸命教えてくれているんです。

警告夢や予知夢

また、警告夢はこれから起きる悪いことへの警鐘もありますが、すでに起きてしまった悪いことへの警鐘を鳴らしていることもあります。

解決法は?

日ごろの行いを考え直す

警告夢は、夢主がその原因に気づくまで怖い夢を見続けます。同じ夢を何度も見るのです。

単に怖い夢として片づけるのではなく、最近何か悪い行動をしなかったか、よく考えてみてください。

誰かにつらくあたったり、自分勝手な行動をとったり、何か強くイライラしたことがなかったか?よく考えてみましょう。

そうして自分に問いただし、「気付き」を得るだけで怖い夢は見なくなります。

原因6:ストレスが強い

毎日ストレスを感じていると怖い夢を見ます。

夢は本来、現実世界で起きたストレスを解消するために潜在意識が見せるものなのですが、現実であまりにストレス過多になると、神経がやられてしまい、潜在意識すらも回復できないほどダメージを受けてしまいます。

そうなると、潜在意識の疲労で悪夢を見るようになってしまうのです。

ストレス

解決法は?

神経を回復させましょう

神経を回復させることを念頭におきましょう。

お風呂に入ったとき身体のマッサージをして、血流を良くすることが一番手軽です。実際にマッサージや温泉スパの店へ行くのもよい方法でしょう。

精神不安がある人は、食べ物にも気を付けてみてください。

働き方の改善をしましょう

仕事が忙しい人は、働きかたを改善する工夫が必要です。

忙しい会社だから仕方ない…といって言い訳する人がいますが、それは結局自分の責任です。仕方ないで終わらせるのではなく、いまの環境を変えたり、脱出する勇気や行動力が必要なのです。

照明器具にもこだわってみる

照明にもこだわると、睡眠効果が高まります。

完全に真っ暗よりも、すこし薄暗い方が睡眠効果は高くなります。おしゃれなライトを買ったりして、すこし工夫してみるとよいでしょう。

ほかにも、脳からリラックスする18の方法にて、アロマや音楽、食べ物、運動などのリラックス方法を紹介していますので合わせてご覧ください。

原因7:お酒飲みすぎ

お酒を飲んだ直後に眠ると、レム睡眠とノンレム睡眠のリズムが崩れて怖い夢を見やすくなります。

お酒で脳が酔っぱらっているのですね。

お酒の量が多いほど怖い夢を見るため、酒の飲みすぎには注意しましょう。

お酒飲みすぎ

解決法は?

酒を飲んだ直後はすぐ寝ない

お酒を飲んだ直後は寝ないことです。

寝る前にお風呂に入ったり、コップ1杯の水を飲んでから眠ると、いくらか改善します。コーヒーやお茶などのカフェインもよいでしょう。

原因8:食べた直後に寝る

食べた直後に寝ると、胃腸に負担がかかります。そうした体へのストレスはすべて、潜在意識が「異常」と判断し、怖い夢として教えようとします。

人間は体に病気があると、それが夢の中にでてきます。

また、トイレの夢を見るのも同じ原理で、膀胱にたくさん尿がたまっているからこそ、夢の中でもトイレに行きたくなります。

胃腸の中の異物も、病気のように判断され、悪夢につながるのですね。

食べた直後に寝る

解決法は?

水分補給をたくさんする

睡眠中は寝汗をかくので、水分が不足して胃のなかにある食べ物の刺激が強くなります。

また身体を動かさないことで胃液が逆流する負担もあるため、寝る前はコップ1杯の水を飲むとよいでしょう。

一番よいのは、寝る3時間前くらいからは何も食べないことです。

原因9:寝具や身体が汚い

寝具や身体が汚いと、細菌が繁殖したりダニが増えます。このダニが身体へ負担をかけます。

この負担は非常に微々たるものですが、 潜在意識はちょっとした刺激も敏感にキャッチするため、このちいさな刺激が夢に反映されてしまいます。

寝具が汚い

解決法は?

いつも清潔にする

寝具はこまめに洗濯しましょう。

とくに枕は顔に直接触れるため、枕が汚いと悪夢を見やすくなります。

またトイレに行ったあと手を洗わずに眠ると、手の汚れで怖い夢を見やすくなります。大したことないように感じる汚れでも、潜在意識はしっかりキャッチします。お風呂にもちゃんと入って、清潔な体で寝るようにしましょう。

体に合った寝具を選ぶ

枕の高さや、布団の厚みなどにもこだわってみましょう。

合わない寝具は悪夢につながるだけでなく、体のゆがみや、寝汗のかきすぎなどの原因となります。せっかく寝ているのに疲れがとれないため、見直してみてください。

結論:夢の中で強い立場になるには?

多くの人は夢の中で弱い立場にいるわけですが、なかには夢の中でいつも強い立場にいる人がいます。

彼らの共通点は、自分に自信があることです。

自信といっても自分の能力にあぐらをかくような自信ではなく、

みんなが幸せになるよう平和を考えてる人

が条件となります。

寝具が汚い

戦いの精神よりも、和の精神があることが重要なんです。

戦い精神が悪夢を呼びます。

自分のために戦っている人ほどうなされるでしょう。

でも、誰かのために悪に立ち向かう気持ちは必要で、そうした人は、たとえ夢の中で襲われる夢を見ても、夢の中で危機を回避したり、うまく立ち回って切り抜けることができるのです。

怖い夢を見ないためには、

心が豊か

であることが重要なんですね。

まとめ:怖い夢を見ない方法

これまでの内容をまとめます。

  • 恨みつらみを持たない
  • 攻撃性の高い性格をやめる
  • 寝る直前のお酒や食べ物は控える
  • 他人に多くを期待しすぎない
  • マイナス思考をやめる
  • 警告夢でないか身の振り方を見直す
  • ストレスをためない
  • お酒を飲んだ直後に寝ない
  • 寝具や身体を清潔にする

潜在意識は繊細なので、すこし刺激を変えるだけでも怖い夢を防げます。

ぜひ今日から安眠生活をはじめましょう!

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

もっと夢を知るコラム

★facebookページ

スポンサーリンク

あなたを幸せにする占い

新年に向けて運気アップ!!
開運グッズを買っておこう

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。お悩みを投稿いただければ、そのテーマで心理学とスピリチュアルな視点も含めてお話したいと思います。(個別の返信はできません)
また本コラムへ質問がある方は以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム