無料占いサイト恋愛と人間関係
眠っている間に教えてくれるあなたの脳

夢の種類一覧です。見た夢を以下のタイプに分類すると、より正確な夢占いができます。

ストレス解消型

願望夢(代償夢)

現実には叶えられないことを夢の中で実現し、欲求不満を解消するために見る。

たとえばこんな夢
片思いの相手と仲良くする
嫌いな人に言いたいことをぶちまける

危機回避型

警告夢

今のままでいると状況が悪くなることへの警告。生活を改善したり人間関係や夢主の行動を変えることが望ましい。怖い夢だった場合は悪夢ともいう。

たとえばこんな夢
怪物に追いかけられる、殺されるなどの怖い夢全般
死者が怖い顔をしていたり泣いているのは強い警告を意味する

予知夢

未来に訪れる危機を教えている。またはそうなる運命にある。

たとえばこんな夢
地震が起きる夢を見たら、数日後に実際に起きる
飛行機が落ちる夢を見ると、実際にどこかで事故が起きる
スポンサーリンク

現状把握型

現状夢(象徴夢)

現在の状況がそのまま反映される夢。 何かシンボルに象徴されて出てくることが多い。

たとえばこんな夢
勉強を頑張っている受験生が馬を追いかけている夢を見る。⇒馬は成功や勝利を象徴するシンボルなので、馬を追いかける、勝利を追いかける、すなわち受験勉強を頑張っている現状をあらわしている。

不安夢

不安や心配ごと、日頃から気にしている内容がそのまま夢に現れる。

たとえばこんな夢
ダイエットをしている人が、夢の中でもお菓子を食べるのをためらう。

身体的生理現象

実際に身体に何か異変をきたしていると、それが夢に現れる。

たとえばこんな夢
トイレに行って用を足す夢は、実際に膀胱に尿がたまっている
足を組んで寝ていると、上に置いた足が下に落ちた瞬間、夢の中でも落ちる夢を見る

ストレス夢

現実世界でストレス過多になっていると、夢にもストレスを持ち込んでしまう。神経が完全に疲れ果てている証拠。

たとえばこんな夢
現実世界で強いストレスを感じながら仕事をしていると、夢の中でも仕事をしており、そこでもストレスを感じている。
日頃から計算をする生活をしていると夢の中でも計算をしている。職業病もこれにあたる。無意識にストレスを感じている。
スポンサーリンク

回帰型

過去夢

脳内の整理整頓によって幼少期の記憶や、過去の嫌な出来事が掘り起こされる。 現在の自己成長が止まっているときによく見る。

たとえばこんな夢
大人になって学生時代の教室風景を見る
幼少期に育った町並みを歩いている

前世夢

前世の記憶が夢に出てくる。目覚めたあとは懐かしい感じがしたり、すでにその世界を知っている気がして強く気になる。

たとえばこんな夢
知らない土地の街並みを歩いているが懐かしい感じがする
知らない異性と一緒にいるが夢の中で強く愛し合っている

共有型

魂の共鳴

他人からのメッセージが夢に紛れ込む現象。

たとえばこんな夢
身内が助けを求めて叫んでいる夢を⇒身内が実際に助けを求めている
何十年前に別れた元恋人が結婚する夢⇒実際にその人物が結婚する

そのほか

悪夢(あくむ)
怖い夢など、心臓がバクバクして目覚める夢を総称して悪夢と呼ぶ。おもに警告夢や予知夢がこれにあたる。
正夢(まさゆめ)
夢の中で起きたことがそのまま現実世界でも起きること。予知夢と似ているが、予知夢は目覚めたあとにはっとさせるドキドキ感があるのに対し、正夢は現実世界で実際に起こったあとに「あ、これ夢で見たな」と気づくケースを指す。
逆夢(さかゆめ)
夢の中で起きた内容に対し、現実世界では真逆のことが起きることを指す。たとえば夢の中で好きな人と付き合えたが、現実には振られるといったケースがこれにあたる。おもに願望夢が逆夢となることが多い。
明晰夢(めいせきむ)
夢にいるとき、「これは夢である」と気づくことを言います。明晰夢の状態でいるときは、その世界が現実ではないと自覚しているため、恐怖心なく空を飛んだり、悪者を退治したり、自由自在に夢をコントロールできるのが特徴です。詳しくは明晰夢を見る方法にありますのでご覧ください。

白昼夢は夢ではない

白昼夢(はくちゅうむ)とは、覚醒しているとき(起きているとき)に、空想などをして別世界に意識が向くこと。妄想の一種で、幻覚に似た症状が出ることもある。現実逃避や、過度に脚色して物事を見ること。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

夢の意味をもっと知ろう

スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

▼facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります