無料占いサイト恋愛と人間関係

亡くなった人の夢は人生の大きな警告夢!!死者が教える今後の運勢

亡くなった人があらわれる時は、これから夢主の人生に転換期が訪れたり、大きな事件や急な出来事が訪れることを知らせています。

亡くなった人の夢のメッセージ

誰が出てきた?

亡くなった人が誰だったかで診断します。

なお、単純に「霊・幽霊」という印象が強い場合は幽霊の夢を参照ください。

亡くなった人
両親

自分の亡くなった両親が出てくる場合はもっとも意味が強く、多くは夢主を心配して出てきている場合が多い。夢主が親が亡くなったことからいつまでも立ち直れなかったり、日頃から両親のことばかり考えていると、その波動を受け取って両親が心配して夢に出てくるようになる。頻繁に出てくるのはあまりよい兆候ではない。もっと前向きに生きるようにという意味がある。

亡くなってもう何年もたった両親が出てくる場合は、夢主が危険にさらされていることを教えようとしていたり、アドバイスをあらわす。おもにこれから起こる災いへの警告をあらわすことが多い。両親が何をしていたかでさらに詳しく診断すること。
父親の夢母親の夢も参照。
祖父母

祖父母が出てくる場合、生前に祖父母とどれくらい関係が深かったかで解釈がことなる。同居していたり、日頃からよく交流があった祖父母であれば、上記の両親と同じ解釈をする。夢主を心配していたり、夢主が元気がなくなっているときによく見る。

日頃からあまり交流がなかった祖父母が出てくる場合は、夢主がまちがった選択肢をとってしまったことへの警告が多い。すでに起こったことへの警告をあらわすことが多い。
家族の夢も参照。
親友・親しい友人

親友ともいえる相手が出てきた場合は、夢主を助けるために出てきた可能性が強い。アドバイスをあらわすこともあるし、ちょっとした楽しいできごとをあらわすこともある。警告夢というよりは、よいことが起きる前兆であることが多い。

友人知人が亡くなって間もない場合は、夢主に別れを言うために出てきた可能性が強い。別れの挨拶。夢主がまだ亡くなったことを心で整理しきれていない場合も出てくる。夢のなかでコンタクトをとり、おしゃべりをしている。
友人の夢も参照。
知人

知っているけどそこまで親しい交流がなかった知人が出てきた場合、夢主がその知人と似た人生を歩み始めていることをあらわす。たとえば似た仕事や、似た性格、似た家庭環境などをあらわしている。

いまはまったく似た要素を感じさせない生活を送っていることが多いが、やがて同じ運命をたどることになるため、その知人がどんな亡くなり方をしたか?周囲に慕われていたか?といった点をよく分析して、自分の戒めるべき場所を改めたほうがよい。
芸能人

亡くなった芸能人が出てくる夢は、その芸能人が抱いていた気持ちと夢主の気持ちに一致することがあること。たとえば寂しい思いをして亡くなった芸能人であれば、夢主にも似たような寂しい思いがあることをあらわす。または亡くなった芸能人の気持ちに同情できる一面があること。
ファンだった芸能人である場合は、単純に好きだった人物がいなくなった空虚を夢のなかで穴埋めしようとしている。
芸能人の夢も参照。

スポンサーリンク

亡くなった人はどんな様子だった?

亡くなった人が笑っていたり、よい印象で現れる場合は大きな幸運をあらわします。一方、怖い印象で現れる場合は夢主に悪いことが訪れる警告です。

悪いことが訪れる警告
亡くなった人が笑っている
精神的に安定する。大きな幸せを手に入れられる合図。亡くなって間もない相手であった場合は夢主に挨拶をしにきていることもある。
亡くなった人に何かをもらう
とても大きな霊的パワーを得たことになる。何かに守られたように物事が順調に運ぶ。何をもらったかが大事。もらったものが自宅にあるならそれを大切にすること。食べ物をもらった場合は実際にそれを食べてみるとよい。
亡くなった人が怒っている
何か夢主が人道的でないことをしていたり、人の道筋から外れていることをあらわす。また欲望にまかせて自分のことしか考えていない行動が目立つと、亡くなった人がそれを叱りにくるケースが多い。亡くなった人がお化け屋敷にいるお化けのような怖い印象で出てくるほど警告の意味が強く、日ごろの生活スタイルや心がけを改めるように言われている。
また、亡くなった人の仏壇やお墓などの配置や管理が間違っているなどで、実際に亡くなっている人が怒っているケースもある。この場合は何度も夢に現れる。怒られる夢も参照ください。
亡くなった人がただこちらを見ている
じっとこちらを見ているのは、亡くなった人が夢主を心配していることをあらわす。安定感のない人生を歩んでいるあらわれ。
亡くなった人が血の涙を流す
亡くなった人が泣いているのは悪夢だが、血の涙を流しているのはさらに悪い警告夢。多くは夢主の人生において大きな打撃が訪れ、しばらく苦戦を強いられる。またはやってはいけないことをやってしまったことへの警告。ただし、その不幸な運勢を亡くなった人も一緒に受け止めてくれているため、いつかかならず解決に導かれる。
夢主が泣いている場合は泣く夢も参照ください。
亡くなった人が血を吐く
夢主の病気を警告していることがある。気づかないうちに大きな病気をしている可能性があり、亡くなった人物がその不幸な運勢を半分肩代わりしてくれている。
また夢主の周囲に与える言葉が強く、周囲からあまりよく思われていないときもこの夢をみることがある。言葉が災いを生むので、言動には十分気を付けるようにとの警告夢である。
亡くなった人と食事をする
ささやかな楽しい時間ができること。とくに身内が相手だった場合は、礼儀やマナーを守り、今後も先祖を大切にするようにという意味。
亡くなった家族同士でいざこざ
すでに亡くなった人物同士で喧嘩したり言い合いをしたり殺し合いをする場合は、実際にあの世でもめている可能性がある。お墓や仏壇などに問題がある可能性が高いため、仏壇やお墓の配置をみなおしたほうがよい。
スポンサーリンク

アドバイスか?警告か?要望か?

故人に言われた内容はおもに3パターンに分けられます。それは「アドバイス」「警告夢」「要望」の3つです。

アドバイスか?警告か?要望か?
アドバイス
夢主が開運になるためにアドバイスをしてくれることがあります。「○○したほうがいいよ」というように具体的に話をもちかけられた場合は、実際にそのとおりにしてみるとよいでしょう。この場合、ほとんどの亡くなった人は朗らかな顔つきで出てくることが多いようです。
警告夢・予言

夢主が犯した過ちを警告する夢や、これから起ころうとする不幸を防ごうとするために警告しに来ている場合があります。「○○に気を付けて」と具体的に忠告してくれるケースはすくなく、ほとんどは怖い顔をしていたり、恐ろしいシチュエーションと一緒になってでてきます。

たとえば夢主が目の病気にかかっていることを警告する夢だった場合、「亡くなった人の目が血だらけになっている」といった夢を見ることがあります。これは目に気を付けろという意味です。
要望
亡くなった人が夢主にやってほしいことがある場合に見ることがあります。たとえば「○○が食べたい」「水が飲みたい」「位牌をもらう」といった夢は典型的なもので、夢主にお墓をしっかり守ってもらいたかったり、何か供養に問題が起きている可能性があります。こうした夢を見た場合は、お墓や仏壇の状況などをチェックしてみるとよいでしょう。
正しい供養の仕方もご覧ください。
スポンサーリンク

亡くなった人に願いごとをしてはいけない

本当に地震が起きる確率は?亡くなった人は夢主が心配だから夢に現れるのです。そんなときに亡くなった人に対して「どうか見守ってください」などと言ってしまうと、亡くなった人はさらに心配になって頻繁に夢に現れるようになります。

生きる者と死者は住む世界が違うので、身内の先亡者や知っている先祖が夢に登場するのは運勢的に良くなく、霊障が起きる原因にもなります。

どんなにつらくても、亡くなった人に対しては「こちらのことは心配しないでください」と言ったほうが結果的には運気が花開きます。

詳しくはスピリチュアルカウンセラー沢村が書いたコラムにもありますので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク
魂からのメッセージに
耳を傾けてください

夢の世界はあなたの潜在意識であり、魂の叫びです。あなたの魂の声を聞けば、あなたが知らなかった事実や、これから訪れる運命もわかります。

いまなら1500円のスピリチュアル鑑定を無料で行わせていただきます。

きっとあなたは幸せへの第一歩を踏み出すでしょう。ぜひ体験してみてください。

夢の吉凶診断ができます

その夢の意味
もっと詳しく教えます

本サイト内にあなたのお探しのキーワードがない場合は、スピリチュアルカウンセラーが診断してサイト内へ反映させます。匿名投稿なので、ぜひお気軽にどうぞ。

その夢の意味を
さらに詳しく

夢占いキーワード辞典


スポンサーリンク

夢がもっとわかるコラム

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります

▼占いの新着がfacebookで受け取れます