無料占い恋愛と人間関係[占いレディ]

pink/ピンクピンクの意味と心理、効果

ピンクは女性的な色です。男性は使いにくい色である事と、たとえ女性であっても、使いどころを間違えると違和感や不自然さが生まれやすいため、上級者向けの色となります。

ピンクのプラスイメージ

  • 可愛い
  • 女性的
  • 柔らかい
  • 恋愛
  • 思いやり
  • 安心
  • ロマンチック
  • 美容

ピンクのマイナスイメージ

  • ぶりっ子
  • 幼い
  • 弱弱しい
  • あざとい
  • 色欲

ピンクの意味と心理的効果

ピンクを好む人の心理・潜在意識

ピンクは女性的な色として広く認識されているため、ピンクを好む人も、女性らしさを表現したい心理があるでしょう。

ただし、普段あまりピンクを使わない人や、男性がピンクを使いたくなった場合は、安心感を得たいサインとなります。

ピンクにはストレスを和らげる効果があり、怒りの感情を抑え、リラックス作用を高めてくれます。緊張感が和らいで筋肉がほぐれ、体の力が抜けていくのです。そして心もほっとしたり、安らぎます。

感情が高ぶりにくくなるため、海外の刑務所では意図的にピンクの壁がにして、攻撃性を弱めている国もあるのです。

ピンクを好む人の心理とは、疲れている、安らぎがほしい、癒されたいといった意味が強いでしょう。

好きな色から性格診断もできますので合わせてやってみてください。

スポンサーリンク

オーラで見るピンクの意味

ピンクの意味

ピンクのオーラは、愛情や優しさ、友愛、思いやりをあらわします。

これは男女の愛情を超えた、人としての思いやりを持つ人に宿る色です。

他人の心を読むことが上手で、自分より相手を優先させがちです。これは自分に意志がないわけではなく、相手を尊重する気持ちや、協調性の高さからくるものです。人の痛みがわかりすぎてつらくなってしまうことも多いでしょう。

また、恋をしているときもピンクのオーラが出やすくなります。邪念のない、純粋な恋心をあらわします。

ただ、相手を好きにさせようとしたり、自分が優位に立とうとするなど、素直でない意識が強いと、ピンクがすこし黒っぽくなり、エンジ色に近い色となります。邪念は黒色なのです。

オーラ診断もあるのでやってみてください。

スピリチュアルで見るピンク色

ピンクは攻撃性を弱める色です。気持ちを穏やかにしたり、怒りの感情を抑えるために使われます。

そのためギスギスした職場にいたり、最近イライラすることが多くなった…という時には、ピンク色の服や小物を身に着けると、嫌な出来事に過剰反応することなく、穏やかな気持ちで過ごせるようになるでしょう。

ただし、運気に勢いがついている時にピンクを多用すると、勢いが弱まる可能性があります。ピンクの運気をゆるやかにする作用があるため、調子のいいときは万能な色である白や、プラスの運気を生み出す黄色がおすすめです。

詳しくはピンク色を使って人間関係を改善する方法も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

風水で見るピンクの意味

風水においてピンクは「花」を意味しています。

花は昔から、花占いをしたり好きな人への贈り物として恋愛に重視されてきました。自然界においてもピンク色のものは花が多いのです。風水ではピンクを花に見立てて部屋をコーディネートすると、恋愛運アップが見込めるでしょう。誕生花を使うのもおすすめです。

ただし、すべての家具をピンクにしたり、壁をピンクにするなど、部屋全体的にピンクの印象が強いと、恋愛への意識が強くなりすぎてしまいます。恋に恋をしたり、妄想が激しくなったりして独りよがりな恋愛で失敗しやすくなります。広範囲に使わないようにしましょう。

また、アクセサリーや小物だけでなく、メイクをピンク系にすると柔らかい雰囲気が演出でき、運気アップが望めます。

風水での色の取り入れ方も合わせてご覧ください。

ピンクの服装の効果

服装にピンクをたくさん取り入れる人は、意志が強い人です。

ピンクは表面的には柔らかい印象を演出しますが、内面は強さのある色なのです。自分の世界や価値観がしっかりあり、簡単には他人に左右されない…そんな深層心理が働いているでしょう。

自分ワールドをしっかり固める効果があるので、アイデアをもっと深く掘り下げたい時や、意志を貫き通したいときに、ピンクはあなたの手助けをしてくれます。

クリエイターや企画などの仕事に携わっている人に最適な色と言えそうです。

服の色を見れば性格がわかるも合わせてご覧ください。

ピンクを効果的に使うには?

ピンクは柔らかさの演出が一番なので、恋をしたいときはもちろん、人間関係を良好にしたいときにも役立ってくれます。

ピンクを身に着けている本人はもちろんですが、それを見た周りの人にもピンクの影響力は広がります。周りの人間がなんとなく優しくなってくれる色なので、ギスギスした職場にいる人はぜひ積極的に取り入れてほしい色です。

また、疲れた時や、イライラを防止したい時、アイデアを煮詰めたい時にも効果的です。

スポンサーリンク

他の色も見てみよう

色でわかる診断・コラム

関連カテゴリー

心理テスト
性格占い
深層心理

当サイトをご覧いただき心から感謝します!

占いやコラムを気に入ってくれた方は、SNSやブログ、ネット上のどこかで当サイトをご紹介いただけるとすごく嬉しいです。

コラム著者

神威力訓練所で実践修行をした経験を持っています。幸福になるマインドセットセミナー、人をつなぐコミュニティ運営の実績があります。あなたのお悩みを受け付けています。個別返信はできませんが、投稿内容をもとにコラムを書きます。

★悩み投稿フォーム