無料占い恋愛と人間関係[占いレディ]

white/ホワイト白の意味と心理、効果

白は清潔感や正しさを象徴する色です。万人に好感をもたれやすい一方で、そうした心理を逆手にとった偽善や偽物、仮面などの意味もあります。

白のプラスイメージ

  • 洗練
  • 透明感
  • 高級感
  • ブランド
  • モノトーン
  • 天使
  • 神秘的
  • 清潔
  • 浄化
  • 天国
  • 正義
  • 清楚
  • シンプル

白のマイナスイメージ

  • 頼りない
  • 虚無感
  • 無気力
  • 味気ない
  • つまらない
  • 簡素
  • 偽善
  • 地味

白の意味と心理的効果

白を好む人の心理・潜在意識

白を好む人は、万人ウケしたい願望があります。多くの人に気に入られたい、よく見られたい、無難でありたい、悪目立ちしたくない、といった意識が隠れています。

また、白はまだ何色にも染まっていない色でもあり、これから色をつける段階にあります。そのため、なんとなく白を手に取る時も、新しく何かを始めたい意欲が高まっている心理があるでしょう。

勉強熱心な人や、向上心が高まっているとき、自分を高めたいときに、白を選びがちです。

完璧主義の人や欲張りな人は、常に自分を良くしようとするため、頻繁の白を多用する傾向があるでしょう。

白を好む人の心理とは、

自分を良くしたい!

といった意欲的な状態を意味します。

好きな色から性格診断もできますので合わせてやってみてください。

スポンサーリンク

オーラで見る白の意味

白の意味

白いオーラは、万能さや協調性をあらわします。

自我を押し通すよりも、周りの意見を取り入れて自分の行動を決めていく人です。他人の行動に合わせて自分を変えられるので、ビジネスにおいては臨機応変に動けます。何でも屋になれるでしょう。

協調性が高すぎるあまり、自己主張が弱いように感じさせることもありますが、それだけ他人の心を汲み取る能力に優れています。素直な人に多いオーラカラーでしょう。

ただし、大人になるとどうしても雑念や自我が強くなるため、白のオーラを出す人は非常にすくなくなります。白は純真な色なので、若年層に多くなります。

オーラ診断もあるのでやってみてください。

スピリチュアルで見る白色

白は天界や浄化をあらわします。

神棚や神社などで使われる神具も、白い陶器がよく使われます。これは白に神聖な力が宿ると考えられているからです。

また、白は神様だけでなく幽体をあらわす色でもあります。青白さが印象的だったり、覇気がないように感じる白は、そこに生気がない証拠であり、あまりよくない意味となります。

清浄にしたいからといって何でも白で揃えたがるスピリチュアリストもいますが、本来はきちんと明確な目的を決めて、それに合わせた色を身に着けるのが正解です。

スピリチュアルで見る白とは、「ごまかし」や「曖昧さ」もあらわすのです。

風水で見る白の意味

風水で見る白は、清潔感や清浄な空間をあらわします。

白の家具や、白い小物がたくさん置かれた部屋にいると、気持ちがクリアになっていくでしょう。

あまり片づけられない人や、物がごちゃごちゃ散乱している空間には、積極的に白を取り入れてあげると、雑念が消えて頭や運勢がすっきりします。

ただ、物が何もない空間で、白い壁、白い床、白い家具、といった部屋にいると、四方八方から運気の流れが良くなりすぎて、かえって落ち着かない部屋となります。風が四方八方からびゅーびゅーと入り続ける部屋を想像してください。いくら風通しが良くても落ちつかないですよね。

部屋の基本配色として、白を選ぶのは正解です。白をベースにして、あとはワンポイントでほかの色を取り入れるようにしましょう。

風水での色の取り入れ方も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

白い服装の効果

ウエディングドレスや、ビジネスシーンでのYシャツは、白ですね。フォーマルな場所では基本配色として白が多用されています。

白い服には気持ちを引き締める効果や、他人に清潔感を与える効果があります。

悪い意味はほとんどないので、ぜひ積極的に使っていきたい色です。

また、白は顔を明るく見せる効果もあります。ある程度の年齢になってくると顔がくすんで見えて老け顔が目立ってしまいがちです。顔のそばに白をもってくると、お顔全体が明るくなり、若々しさを演出できます。これが運気アップにもつながるので、ぜひ取り入れてみてください。

服の色を見れば性格がわかるも合わせてご覧ください。

白を効果的に使うには?

白はこれから物事が始まる色です。気持ちを意欲的にしたいときは、白を積極的に使っていきましょう。

ただし、気持ちが落ち込んでいるときに白を多用すると、「無」の要素が強く出すぎてしまい、かえって気持ちが落ち込んでしまいます。

気持ちが沈んだ時は白で浄化するより、ピンクやオレンジなどで温かさを演出する方が正解です。心が落ち着いてくるでしょう。

白の使い方はあくまで意欲的な時や、気を引き締めたり、初心に戻りたいときに使うと効果的でしょう。

スポンサーリンク

他の色も見てみよう

色でわかる診断・コラム

関連カテゴリー

心理テスト
性格占い
深層心理

当サイトをご覧いただき心から感謝します!

占いやコラムを気に入ってくれた方は、SNSやブログ、ネット上のどこかで当サイトをご紹介いただけるとすごく嬉しいです。

コラム著者

神威力訓練所で実践修行をした経験を持っています。幸福になるマインドセットセミナー、人をつなぐコミュニティ運営の実績があります。あなたのお悩みを受け付けています。個別返信はできませんが、投稿内容をもとにコラムを書きます。

★悩み投稿フォーム