無料占いサイト恋愛と人間関係

上司や同僚に嫌がらせされる?職場でいじめられる人の9の特徴

悲しい現実ですが、いじめは学生だけでなく、社会人になっても多々見られます。

自己主張が弱い人は嫌われる

いじめをやる人の原因は、日ごろの生活に不満や不安があるからです。嫌な現実から目をそらすため…そして憂さ晴らしとして、いじめを行っているケースが多いです。多くは家庭環境が悪い人が多いですが、純粋に快楽犯や愉快犯としていじめをする人はとてもすくないのです。

そのため、いじめられる人というのは、憂さ晴らししやすいタイプや、日ごろのイライラを助長させる人…いわば目立つ人物や、鼻につく人物が、いじめの標的として狙われてしまいます。

ここではいじめられる人の特徴を詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

仕事ぶりで嫌われてしまう

仕事中の何気ない態度や言動で、うっかり嫌われることがあります。

ミスしても謝らない

ミスしても謝らないのはイラつかせるミスをしても、謝らずに平然としている人がいます。自分だけのミスならまだしも、誰かに迷惑がかかったら、かならず一言必要です。

ミスを他人のせいにする人もいますが、そのような人は周りから相手にされなくなり、会社からも評価されなくなります。たった一言が言えないだけで、大きな差が生まれるのです。

仕事ができない

仕事ができないと嫌われる残念ながら、仕事ができない人は嫌われやすいです。会社は学校ではなく、利益を生み出す場所です。仕事ができなければ同僚の利益も減ってしまうため、同情されにくい点があります。

ひどい場合は、本人が自分から進んで会社を辞めるよう、集団でいじめや嫌がらせに発展するケースもあります。パワハラにもなりえる原因です。

仕事ができすぎる

仕事ができすぎて嫉妬される 仕事ができる人は本来、誰からも好かれます。

ただし入社してすぐに成果をあげたり、同期や先輩よりも成績がよいと、嫉妬を買って陰湿な嫌がらせに発展するケースがあります。社員たちが協力し合う職場がベストですが、蹴落としあいの職場もあるのが事実です。

また、仕事ができるからといって、高慢な態度はもっとも嫌われます。本当に仕事ができる人ほど、腰が低いものです。

嫉妬されて嫌がらせをされたら、さらに仕事ができるようになって大幅に差をつけましょう。出る杭は打たれますが、出すぎた杭は抜かれるのです。

スポンサーリンク

性格で嫌われてしまう

日本人は協調性を重視する国民性を持っていますが、これはときに過剰反応を見せます。平均からはみだす人間は責められやすく、いじめに発展しやすくなります。

自己主張が強すぎる

自己主張が強すぎると疎まれる自己主張の強い人は、いじめの対象になりやすいです。

ここで言う自己主張とは、個性が強いことです。個性が周りに好かれれば問題ありませんが、誰かひとりでも「あいつは目立ってるから目障りだ」と言い出せば、それがいじめの元凶となります。

どんなに人気芸能人でもアンチがいるように、どんなに正しいことを言っていても、自己主張が強すぎる人は誰かに妬まれたり、攻撃される対象になるのです。

自己主張が弱い

自己主張が弱い人は嫌われる自己主張が弱すぎても、いじめの対象となります。

日本人は協調性や平均を重んじるため、おとなしくしていても「あいつには自分の意見がない」などと言われて注目を浴びてしまうのです。

また、いつも周りに合わせて流されていると、主体性がなく調子のいい性格に見えてしまうことがあります。

空気を読まなすぎる

KYすぎるは空気が読めない空気を読まずに自分勝手な行動を繰り返す人は、当然ながら嫌われてしまいます。

ただし不思議なことに、ある程度の地位や人気のある人物が空気の読まない行動をとると、それが称賛されたりします。人間は「相手の無礼にどこまで我慢できるか?」は人を見て判断しているのです。

空気を読みすぎる

他人の顔色を気にしまくりはいじめられる 空気を読みすぎるとは、他人の顔色を気にしまくることです。

嫌われたくないあまりに他人の顔色ばかりうかがっていると、他人に不快感を与えます。

とくに他人に合わせようとするあまり、人によって態度を変えたり噂話の仲間に入ったりしていると、あっというまに信頼をなくします。

他人の目が気になるのは自信がないあらわれです。そんなうしろ向きな心理が周りに悟られ、いじめの対象となってしまうのでしょう。

愚痴が多い

愚痴が多いのは嫌煙される仕事の愚痴は誰もが一度は言ったことがあるかもしれません。ですが、やはり聞いている人の気持ちをげんなりさせる行為なので、なるべく控えたいところです。

同僚に文句を言っても、問題は改善されません。言いたいことがあれば、その問題を改善できる人に相談し、改善案をそえるようにしましょう。

笑ってごまかす、ぶりっ子

ぶりっ子、キャピキャピはむかつかせるぶりっ子な性格そのものは問題ありませんが、仕事でミスをしたときや都合が悪くなったとき、笑ってごまかそうとしたり、ぶりっ子の性格を出すと、それが嫌われる原因となります。

職場はイライラしやすい場所なので、トラブルが起きたときはなおさら神経がとがっています。そんなときに、ぶりっ子の性格は真剣さが足らない印象を与えるため、他人の神経を逆なでしやすい性格と言えるでしょう。

自分はそんなつもりはなくても、無意識に誰かをイラつかせている可能性はあります。

結論:日本人は平均意識が強すぎる

日本において嫌われる人とは、平均から外れた人のことです。

2、30年前に比べるとだいぶ個性重視の世の中になりましたが、それでもやはり日本人は協調性を重んじ、周りと同じであることに安心感を覚えます。そのため奇抜な個性や珍しい個性は周囲から受け入れられにくく、共存できなくなります。

でも大丈夫です。

出る杭は打たれますが、出すぎた杭は引き抜かれます。いじめや嫌がらせをされている人は、平均の枠にとらわれるのではなく、個性を活かして引き抜かれる杭を目指しましょう。そこからあなただけのオリジナリティや才能が発揮されるはずです。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

いじめられないおまじない

人間関係をよくするコラム

あなたの人間関係も占えます

スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

★facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります