無料占い恋愛と人間関係[占いレディ]

上司や同僚に嫌がらせされる?職場でいじめられる人の9の特徴

悲しい現実ですが、いじめは学生だけでなく、社会人になっても多々見られます。

実は人をいじめたくなる気持ちは、誰しも持っている感情なのです。すこし気に食わない、といった些細なことをきっかけに、いじめに発展するケースは多々見られます。

自己主張が弱い人は嫌われる

いじめは些細なキッカケで始まります。

ここでは、職場でいじめに発展しやすい特徴を紹介していきたいと思います。どれも小さな出来事です。

スポンサーリンク

仕事ぶりで嫌われるケース

仕事中の何気ない態度や言動で、嫌われることがあります。

ミスしても謝らない

ミスをしても、謝らずに平然とするなど、言葉が一つ足らない理由で嫌われます。ミスをしてしまったら必ず周りの人に一言述べて配慮しましょう。

仕事ができない

仕事ができないために嫌われてしまうケースがあります。悲しい現実ですが、デキない人に対する風当たりが強い職場は多々見られます。

要領が悪かったり、話を正しく解釈できなかったり、そのような人は、なんとなく周りから距離を置かれてしまうケースがあるでしょう。

できなくても努力する姿勢が大切かもしれません。

仕事ができすぎる

仕事ができる人は、本来誰からも好かれるはず。ですが、嫉妬されて嫌われてしまうことがあります。

いじめる人は、会社の利益よりも、目の前のデキる奴が気に入らない…という、ただそれだけの理由だったり、仕事のやり方が気に入らなかったり、自分をたてないことに腹を立てているケースが多いようです。気にいらないだけで、先輩からの圧力があったり、パワハラなどの幼稚な現場もあるのです。

毎日同じような単調な仕事についている人に、よく見られるかもしれません。

仕事ができる人は、ワンマンにならないように気を配るとよいでしょう。どんなに成績がよくても、人間関係がうまく作れないと、やはり周りから遠ざけられてしまいます。

性格で嫌われるケース

日本人は協調性を重視する国民性を持っていますが、これはときに過剰反応を見せます。平均からはみだす人間は責められやすく、いじめに発展しやすくなります。

自己主張が強すぎる

職場において自己主張が強い人は、仕事ができる人が多いと思います。それでも、周りの意見を顧みない主張をしていると、やはり周りから遠ざけられてしまうでしょう。

どんなに人気芸能人でもアンチがいるように、どんなに正しいことを言っていても、主張の仕方に問題があると、妬まれたり、攻撃される対象になることがあります。

自己主張が弱い

自己主張が弱すぎると、いじめの対象になりやすくなります。とくに職場においてあまりに自己主張がないと、戦力にならないと判断されます。その態度が、見る人によってはイライラさせることがあります。

「あいつは何を考えてるかわからない」「あいつには自分の意見がない」などと評価される可能性があるでしょう。

いつも周りに合わせて流されている人は、もっと積極的に意見してみましょう。

空気が読めない

空気が読めない人は、職場で浮きやすくなります。一緒に仕事をする仲間として、ミスが発展しやすくなりますし、伝えたい意図が正しく伝わらないことが多いからです。

ただ、不思議なことに、ある程度の地位や人気のある人物が空気を読まない行動をとると、その行動には斬新さが生まれ、高評価されることがあります。

人は結局、仕事ができる人や、権威のある人の行動には寛容なのですね。

空気を読みすぎる

意外ですが、空気を読みすぎると嫌われるケースがあります。いつも他人の顔色ばかりうかがい、他人に合わせてばかりいると、主体性がないと判断されるからです。

とくに他人に合わせようとするあまり、人によって態度を変えたり噂話の仲間に入ったりすると、あっというまに信頼をなくしてしまいます。

他人の目が気になるのは自信がないあらわれなので、気を付けたいところです。

愚痴が多い

これは周りから距離を置かれる一番の理由かもしれません。

仕事の愚痴は誰もが一度は言ったことがあると思いますが、やはり聞いている人の気持ちをげんなりさせる行為なので、なるべく控えたいところです。

同僚に文句を言っても、問題は改善されません。言いたいことがあれば、その問題を改善できる人に相談し、改善案をそえるようにしましょう。

笑ってごまかす、ぶりっ子

ぶりっ子な性格そのものは問題ありませんが、仕事でミスをしたときや、都合が悪くなったときに笑ってごまかすと、それが嫌われる原因となるでしょう。

他人の神経を逆なでしやすい行動なので、気を付けたいところです。

平均から外れた人が嫌われやすい

日本人は協調性を重んじる国民性なので、周りと同じであることに安心感を覚えます。

そのため平均から外れた人を見ると、大体は不快に感じるのです。平均から外れるほど、いじめの対象となりやすいでしょう。

ただ、その平均から外れた人の能力が高かったり、権威性を持った人物であれば、なぜか認めてしまう人が多くいるのも事実です。長いものに巻かれる人が多いのですね。

不満がある人は、いじめの対象を探している

いじめをやっている人にも注目してみてください。

いじめをやる人の理由は、不満や不安があるからです。気持ちが晴れないから憂さ晴らしでいじめをやります。心の根底には、「もっと評価されたい」「もっと愛情が欲しい」「もっと楽になりたい」という意識が根底にあるでしょう。

こうした人は「すこし気に障る」というだけで、意地悪をして憂さ晴らしをします。日頃の不満から、いじめの対象を無意識に探しているのです。

日頃から不満をもらしている人や、イライラしている人にはなるべく近づかない、という対策もあるでしょう。

スポンサーリンク

いじめられないおまじない

人間関係をよくするコラム

関連カテゴリー

当サイトをご覧いただき心から感謝します!

占いやコラムを気に入ってくれた方は、SNSやブログ、ネット上のどこかで当サイトをご紹介いただけるとすごく嬉しいです。

コラム著者

マインドセットセミナー、コミュニティ運営の実績があります。あなたのお悩みを受け付けています。個別返信はできませんが、よろしければ投稿をお待ちしています。

★悩み投稿フォーム