無料占いサイト恋愛と人間関係

レム睡眠とノンレム睡眠毎日夢を見る方法

夢は脳の整理です。

私たちは現実世界で起きた出来事をまとめたり、処理しきれなかった感情を整えるために、毎日夢を見ています。夢をまったく見ないという人でも、それは忘れているだけであって、実際は毎日夢を見ています。

毎日夢を見る方法

そのため、毎日夢を見る方法とは、

毎日夢を覚えるようにする方法

…となります。

毎日夢を見るには、

  • レム睡眠の状態で起きる
  • 日ごろから夢の世界を意識する

この2つに気を配ることが大切です。

スポンサーリンク

夢を見ているのはレム睡眠のとき

人は寝ているとき、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返しています。

レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)

眠りに入ったあと、45分かけて一気にノンレム睡眠(深い眠り)に入ります。そして90分後、ふたたびレム睡眠(浅い眠り)に戻ってきます。

およそ90分周期でレム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されており、睡眠時間が長くなるほど浅い眠りとなります。

一般的に、夢を見るのはレム睡眠のときです。

レム睡眠のときに目覚めることができれば、高い確率で夢の内容を覚えていられます。

なお、生活習慣が不規則だと、この90分周期がズレる人もいます。ただし夢を見ているのはかならずレム睡眠のときです。

つまり時間でいうと、眠りについてから90分後、3時間後、4時間半後、6時間後、7.5時間後に目覚ましをセットして起きれば、夢を覚えている確率が高くなります。

レム睡眠のときに目覚める

なお、レム睡眠は浅い眠りなので、いつも目覚めが異様に眠い…という人はノンレム睡眠のときに目覚めていることが多いはずです。そのような人は夢を覚えにくくなります。

鈍感な人は夢を覚えられない

また、夢をハッキリ覚えるためには、いつも夢を意識することも大切です。

夢を見ない

夢にまったく興味がなかったり、感受性が鈍い人や、直観があまり働かない人は、あまり夢を覚えていられない傾向があります。

夢を忘れやすい人の特徴は以下のとおりです。

  • 生活が不規則
  • いつも目覚めが異様に眠い
  • 人の感情に鈍感である
  • 感性があまり豊かではない
  • 物事を深く考えない
  • 過去を振り返らない
  • 身体的に反応が鈍い傾向
  • マイペースな人

こうした人はあまり夢を覚えられない傾向があります。

夢は応えてくれる

夢は潜在意識です。いわば、自分の分身といってもよいでしょう。

そのため、いつも寝る前に夢のことを考えたり、起きたあとも夢を思い出すように習慣づけていると、夢を継続的に見るようになります。夢は、わたしたちの思いにかならず応えてくれるのです。

夢日記をつけると、夢は早い段階で応えてくれるようになります。

夢は潜在意識

またスピリチュアル的に見ると、夢は魂の旅行であり、あなたの死後の世界がわかります。

毎日夢が見られるようになれば、あなたの魂のパロメーターとなりますので、ぜひ毎日見れるとよいですね。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

夢の意味をもっと知ろう

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム
スポンサーリンク

★facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります