無料占いサイト恋愛と人間関係

心の傷を癒すインナーチャイルドとは

インナーチャイルドとは幼少期の自分、または過去の自分のことです。

インナーチャイルドを直訳すると「内なる子ども」ですが、自分の中にある幼少期の記憶を指します。インナーチャイルド
とは子どものころの自分のこと

人は生まれた場所、育った環境などによって性格が変わり、トラウマや苦手分野、思い込み、固定概念ができます。

幼少期の自分、つまりインナーチャイルドを癒すことで成長過程についた思い込みやトラウマをなくすことができます。

スポンサーリンク

大人の自分が子どもの自分を癒す

大人の自分が子どもの自分の心の傷を癒すインナーチャイルドを癒す方法とは、現在大人になった自分が、子どものころの自分を癒すことです。

幼少期の自分には理解できなかったこと、誰にも愛されなかったことなどの心の穴を、大人になった自分が理解を示してあげると、インナーチャイルドは癒されます。

インナーチャイルドの年齢はさまざま

インナーチャイルドの年齢はさまざまインナーチャイルドは一般的に子どもですが、その年齢は人によってかなりばらつきがあります。

5歳くらいの幼稚園児である人もいますし、小学生、そして10代中盤の思春期の人もいます。

最近は20歳をすぎても大人になり切れずに苦しんでいる人も多く、そういった場合は20歳すぎの自分や、数年前の自分をインナーチャイルドとして見立て、癒すケースもあります。

インナーチャイルドを癒す方法

インナーチャイルドを癒す方法はひとつではなく、いくつか存在しています。

音楽療法
音を聞くだけで潜在意識に働きかけ、癒しを得る方法です。音の種類はアルファー派やシータ派を使った音楽を使います。
インナーチャイルドワーク
紙とえんぴつを使って、幼少期のころの記憶を書いたり、連想ゲームのような内容を行います。こうして理論的に自分の考えを組み立てて、本来の目的やトラウマをあぶり出し、心を整理する方法です。簡単な問題を解くだけなので、想像力がない人でも比較的やりやすいです。
催眠療法
自分の子どものころの姿をイメージし、その人物に直接語りかけることで気づきを得る方法です。多少の想像力やマインドコントロールの力が必要なので、人によっては難しい方法となりますが、一番癒しを得やすい方法でもあります。

インナーチャイルドを
自分で癒してみよう

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

魂からのメッセージに
耳を傾けてください

あまたの魂はすべてを知っています。魂の声を聞けば、あなたが気づいていない事実や、これから訪れる運命もわかるのです。

いまなら1500円のスピリチュアル鑑定を無料で行わせていただきます。

きっとあなたは幸せへの第一歩を踏み出すでしょう。ぜひ体験してみてください。
スピリチュアルコラム
スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

▼facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります