無料占いサイト恋愛と人間関係

自分だけ結婚できない!?結婚できなくて焦る必要はありません

あなたはいま、結婚に焦っているでしょうか?

結論からいうと、結婚に焦る必要はまったくありません。

なぜなら、結婚は運の力が大きいからです。

人によって運命が違うのだから、人生だって十人十色なのは当たり前ですよね。他人と同じ運命になろうとするから、つらくなってしまうのです。

結婚できなくて焦る必要はありません

結婚とは、運もタイミングも、すべて人それぞれです。

10代で初婚の人もいます。
60代で初婚の人もいます。

何度も婚活しても出会えない人がいます。
たった1度の婚活で結婚した人もいます。

あなたはどの道だと思いますか?

あなたの友人は、20代で結婚したかもしれません。ですがあなたは50歳で結婚する運命かもしれない。それなのに早く結婚したいと焦ったところで、50になるまで結婚できないのです。

あなたにはあなたの運命があるのだから、他人と比べても仕方がないのです。結婚する時期がきたら、あなたが望まなくても結婚する運命となります。

だから焦らず、自分の道を生きることが大切です。
スポンサーリンク

あなたが欲しいのは愛情?体裁?

もしあなたが、周りがみんな結婚しているから自分も結婚したい!と思うなら、それは結婚という形だけにこだわっていないか、よく考えてみてください。

結婚することばかり考えていると、気持ちが焦るから、相手の条件ばかり気にします。

愛を育てることより、相手を物色する気持ちが強くなるのです。

とくに結婚相談所に行くと、ついデータばかり重視してしまいますよね。

結婚できなくて焦る必要はありません

データや条件で相手を選んでしまうと、

私はこれをやるから、あなたはこれをシッカリやってください

といった具体に、お互いに義務や責任だけを果たす気持ちが強くなります。

たとえば年収の高い相手だと、それが決定打で結婚するかもしれませんが、結婚後に職を失う可能性もあるのです。一番の魅力を失った相手に、あなたはまだ愛情がもてるでしょうか?

結婚できなくて焦る必要はありません

データばかり重視して婚活すると、調子がよいときはうまくいきますが、片方になにか不足が起きると、不満がでます。やがて結婚に意味を感じなくなり、離婚へとつながるのです。

もしあなたが幸せになりたいなら、かならず愛のある結婚をしましょう。

愛とは、見返りを求めず与えることです。

婚活で愛を手に入れようとしてはいけません。
婚活はパートナー探しの手段でしかありません。
愛は自分で育てるのです。

スポンサーリンク

恋は努力してできるものではない

結婚をするには、まずは恋をしなければなりませんが、婚活で相手を物色ばかりしていると、恋ではなく面接になってしまうのです。楽しさがないんですよね。

愛は努力して育てられますが、恋は本能的なものなので、無理してできるものではありません。

もし婚活をして、どの異性もピンとこない…と思うなら、それでよいのです。

それが素直な反応です。

無理して相手を好きになろうとしても、それは難しいと悟りましょう。気楽にいきましょう。

結婚できなくて焦る必要はありません

とはいえ、愛情は育てられます。

最初はその気のない相手でも、相手ができないことをしてあげたり、見返りを求めず愛情を与えていれば、その相手と愛が育ちます。愛は努力して育てられますので、「どうしても生理的に受け付けない」という異性以外なら、一度お付き合いしてみてください。

諦めなきゃいけないこともある

恋愛は何歳になってもできます。

最近は老人ホームでも恋が花盛りですから、恋愛や結婚に年齢は関係ないことがわかります。

ですが、出産となれば、諦めなければならないこともあるでしょう。

結婚できない人には使命がある

出産に焦って結婚する女性が多いですが、それだと「家庭」を作ることが第1となり、パートナーとの愛をはぐくむことが二の次になってしまいます。

たとえ子宝に恵まれても、パートナーとうまくいかなくなったり、こんなはずじゃなかった…と子供を邪魔に感じる人もいます。

結婚して出産して子供がいる家庭がすべて幸せであるなら、世の中こんなに虐待やネグレクトのニュースが流れませんよね。結婚で人生が不幸になる人もいます。

そうならないためには、まずはパートナーとの絆が第1であり、家庭や出産を第1にしてはいけないのです。

結婚できない人には使命があるかも

10代や20代前半など、早いうちに結婚する人もいますよね。それは早いうちに結婚して子供を育てあげることが、その人の使命なのでしょう。

一方、結婚できない人は、ほかにやるべき使命があるから結婚できないケースもあります。

たとえば、以下の事例があります。

ケース1

結婚したいのにできなかった。だから前から好きだった料理に打ち込んだ。すると気づけば料理教室を開くレベルになっており、多くの人に尊敬されるようになった。その後、料理教室の関係者から結婚話が舞い込んできた。
⇒つまり講師となって人に幸せを与えることが使命だった。

ケース2

結婚ができないから諦めた。そして仕事に打ち込み、会社を企業した。それが大きくなり、成功したら、仕事の関係者から縁があり、結婚できた。
⇒つまり仕事関係の相手が運命の相手だったということ。

これはよくあるケースなのです。

自分の使命を果たしたからこそ、縁がやってきたのです。

あなたもきっと、使命を果たせば結婚できるかもしれません。

自分だけの生き方を探そう

結婚できない人は年々増えてはいますが、まだまだ少数派です。つまり凡人ではないのです。

平凡ではない命運が定められているのですから、スムーズに結婚した、普通の人たちと比べても意味がありません。あなたはあなたの生き方を探しましょう。

結婚できない人には使命がある

人生はひとつではありませんよ。たくさんの道があるのです。たったひとつの人生にこだわって、いまのあなたがつまらなくなってしまっては、時間がもったいないです。

いまのあなにしかできないことを楽しみましょう。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

あなたの結婚運がわかります
結婚運をアップさせるコラム

★facebookページ

スポンサーリンク
結婚占いもあります

新年に向けて運気アップ!!
開運グッズを買っておこう

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。お悩みを投稿いただければ、そのテーマで心理学とスピリチュアルな視点も含めてお話したいと思います。(個別の返信はできません)
また本コラムへ質問がある方は以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム