無料占いサイト恋愛と人間関係

人を愛するってどういうこと?愛がわからない…愛って何?

愛ってなんだろう?

人を愛したことがないと、愛がわかりませんよね。また、誰かに裏切られたりすると、人間不信になって愛が信じられなくなってしまうでしょう。

そんな路頭に迷っているあなたへ、愛についてスピリチュアルメッセージをお送りします。

愛がわからない…愛って何?

愛とは犠牲になることである

どんなに優れた人でも、365日いつも精神状態が良好な人はいません。

人はストレスがたまってワガママを言ったり、イライラしたり、悲しくなったりします。感情には浮き沈みがあるものです。

また人間はロボットではないので、かならず失敗をしますよね。ケアレスミスはもちろん、人生の失敗なんて山ほどあります。その失敗により周りに負担が行くこともあるでしょう。

また病気や障害があれば、かならず誰かの助けが必要となります。

そうした不安定な心を受け止めたり、失敗した人や困っている人のフォローをする

…それが愛なのです。

愛とは犠牲になることである

たとえばあなたは、ストレスが溜まってワガママを言ったとします。イライラして、周りの人間に不満をまき散らしてしまいます。普通は嫌われますよね。普通の人間はイライラしたあなたに近づきたくないし、距離を置くはずです。

ですが愛のある人間は、そんなあなたを受け止め、一緒にいてくれるのです。愛のある人間は、あなたのワガママを聞き、嫌な思いをしながらもあなたのために動いてくれます。それが愛です。

普通なら嫌われてしまう…避けられて当然…それを受け止めるのが愛です。

愛は「楽」ではなく「苦」なのです。

もしあなたが「楽しい」と思いながら愛を与えているなら、それは愛ではなく、自己満足やおせっかいでしょう。

スポンサーリンク

ふーん、愛はただのマゾってことね!

なんて思わないでください。

一見マゾに思えても、自己犠牲がなければ愛は絶対に生まれません。

自分にとって都合がいいことだけを選んで生きている人は、愛が生まれないため、人の心が信じられません。そうした人間はお金や物しか信じられないはずです。そんな人生では年齢を重ねるほど孤独になり、何のために生きているのかわからなくなります。

愛は「楽」ではなく「苦」なのです。

たとえば、私は離婚の相談を受けます。

よくある男性の言い分として、

妻のことは愛してるけど、家事がいい加減だから離婚したい

と言う人がいます。

ですが、そこに愛なんてありません。ただ自分にとって都合が悪くなったから、一緒に生活するのが嫌になっただけのことです。自分が最優先であり、自分が一番可愛いのです。

本当に愛があるなら、都合の悪いことでも受け入れ、自分にできることを考えることです。ふたりで解決する努力をすべきです。ときに自分の望みを諦めることも必要でしょう。

もちろん離婚問題には、DVなどの重いトラブルを抱えた人もいるため、すべての離婚がNGとは言いません。

ですがなるべく相手の欠点や不足を補う…それが愛であることは忘れないでほしいのです。

ワガママを聞き入れるだけが愛ではない

なるほど、愛が「苦」であるというなら、相手にどんなワガママを言われても、すべて受け入れるのが愛なの?

という意見も出てくると思います。

ですが、ワガママを受け入れるのは、相手が良くなることが前提です。

わがままを受け入れることで、相手が笑顔になったり、いつもの調子を取り戻す…それが目的なのです。相手が生きる喜びを感じて、人として輝いてもらう…それが目的なのです。

ワガママを聞き入れるだけが愛ではない

通常の生活ができる人間であるにもかかわらず、愛に感謝せず、さらにワガママに振る舞い、他人を使いたおす…そんな人間であるなら、ときに叱ることも必要でしょう。

というか、むしろ、

叱られないと愛がわからない…叱られないと感謝できない人間は、恋人にすべきではないと思います。

恋人や夫婦はパートナーです。
パートナーとは、恋人であり、友達でもあり、親子でもあり、師弟でもある…そんな関係であるものです。

365日いつも相手を叱るばかり…甘やかすばかりでは、一方通行の関係です。それも愛ですが、恋人や夫婦としては釣り合いのとれない不毛な関係となります。

相手を甘やかす

誰かから愛をもらったら、

ああ、自分はいま良好ではないからこそ、この人に助けてもらったんだな

そう思える人間と付き合ってください。

他人から愛をもらったことに感謝し、今度は自分から愛を返す…そうした気持ちがある人を恋人や配偶者に選んでください。そうすれば愛は育ちます。

  • ありがとうの一言くらい言える
  • してもらったら今度は自分がしてあげる
  • 当たり前のことに感謝できる
  • 愛のある人を尊敬できる

そうした人間を見抜けるようになりましょう。

スポンサーリンク

男女でイチャイチャが愛じゃない

愛し合う…というと、男女でイチャイチャすることが愛だと思っている人がいます。

人間には恋欲や性欲があります。
これらは本能です。

男女でイチャイチャして楽しい…といっているのは、あくまで恋欲や性欲が満たされているだけであって、愛ではないのです。

「愛してる」なんて言葉は、本当にそう思っているなら軽々しく出てこないものです。「愛してる」という言葉だけに酔っている人が多いように思います。

男女でイチャイチャが愛じゃない

私はよく、10代や20代の女性からこんな相談を受けます。

付き合っている彼がいますが、わたしは本当に彼が好きなのかわからない

そう思うのは、まだふたりに愛が育っていないからでしょう。

恋欲と性欲だけでつながった関係は、長くは続きません。むしろ恋ですらなく、ただの好意でしかないかもしれません。

愛は時間をかけて育てるものです。
愛は苦であり、苦の先に信頼があります。
愛は1日にしてならず。
信頼は積み重ねで生まれるものです。

ふたりの付き合いは、まだ始まったばかりなのです。

愛を手に入れたければ、ふたりでもっと苦労してください。たくさん壁を乗り越えてください。苦をともにして、助け合い精神が生まれれば、人を愛する意味がわかるはずです。

好意とは
一緒にいて楽しい
この人いい人だな
一緒にいて嫌じゃない
話しやすいな
相手に興味がある
恋とは
相手を想うと苦しい
この人といるとドキドキする
一緒にいたいと思う
相手に触れたいと思う
声が聴きたいと思う
毎日考えてしまう
愛とは
この人の幸せを願う
この人のために犠牲になれる
自分よりこの人が優先である
この人がピンチになったら死ぬ気で助ける
この人が人生の一部である

「恋」は本能ですが、
「愛」は育てるものです。

愛は作れます。
愛のないカップルでも、いまから愛を作れます。

恋人や夫婦になったら、恋と愛の、両方ある関係が素敵ですね。

愛は与えないともらえない

愛されたかったら愛しなさい

よく聞く言葉ですが、これは半分正解で、半分不正解です。

愛は自分から与えないともらえませんが、自分のなかに愛がなければ、誰にも愛を与えられないのです。

まずは自分の中に愛を充電しましょう。

家族愛、友情、同情、なんでもよいです。誰かの愛をもらうことで、自分も愛を与えられるようになります。愛されるために必要なことにも書きましたので、合わせてお読みください。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

愛を得るコラム
出会い運が占えます

★facebookページ

スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります