無料占いサイト恋愛と人間関係

注意すべきは女性?女の敵は女…になってしまう理由

芸能界では日々、不倫問題がたくさん取りあげられています。そこで目立った印象は、

男性には寛容だけど女性には厳しい

という点です。

女の敵は女

イギリスの新聞でも「日本は性差別が根強い」と書かれてしまいました。

ですがその実態はかならずしも男vs女ではなく、女vs女でもあるのです。不倫問題から見る、女の敵は女…になってしまう理由を掘り下げてみましょう。

スポンサード リンク

浮気されたときの反応は男女でちがう

浮気されたとき、男女で明らかなちがいがあります。

男性は浮気されると、付き合っていた女性に腹が立ちます。裏切られた、傷つけられた…と感じるわけです。

ですが女性が浮気されると、浮気相手の女性に注目します。男性に裏切られたことよりも、相手の女性が悪い…と考えがちです。

女の敵は女

まさに「女の敵は女」です。これにはいくつか原因があります。

女性のほうが他人に関心があるから

一般的に女性のほうが、他人に関心があります。

男性は自分と相手にしか関心がありません。男性が彼女とふたりきりで話しているときは、あくまで自分と彼女の問題として考えます。

ですが女性の場合、自分と相手だけでなく、相手の周りにも目を向けます。

いま目の前にいない人物にも関心が向き、そこでの人間関係や、力関係などを見ています。そのため浮気されたら浮気相手にも関心がいくのです。

女性のほうが社会性がある性格ですが、だからこそ女性のほうが噂話を好むし、周りを目を気にしています。

女の敵は女

女性には母性本能があるから

女性には母性本能があります。母性とは、

  • 自分が大人になればよい
  • 自分が我慢すればよい
  • 自分が許せばよい
  • 相手を理解してあげたい
  • 相手を包み込んであげたい
  • 自分を犠牲にしても相手を守りたい

といった本能です。

母性の多くは子供や男性に対して働くため、子供には優しくあるべき、夫にはよき妻であるべき、といった思考になります。

女性の不倫は、夫や子供を傷つける行為なので母性が薄いと言えます。そうした女性に対して、世の女性たちは「女として最低だ」といった攻撃をするのです。

女の敵は女

では男性にも同じように誠実さを求められるのか?といったら、女性ほど厳しくありません。

芸能界で某ミュージシャンが不倫したとき、世間の女性にこんな意見がありました。

ミュージシャンはモテるのだから浮気くらいある。それをわかっていない妻が悪い。

モテる人なら浮気してもよい、という解釈になりますよね。いい音楽を作る、仕事ができる、人気者であれば浮気してもよい、と。

こうした考えは明らかに母性からきています。

普通に考えれば、妻には婚姻関係という法的な拘束力があるので、妻が一番に強いはずです。それを否定してしまえば日本の婚姻制度が崩壊します。法的拘束力があるから結婚には意味があるのです。

母性本能が強すぎると、男性の気持ちを理解しようとするあまり、かなり偏った意見になり客観的な判断ができなくなってしまいます。

女性はみんなライバルだから

女性のライバル意識も女の敵をつくる要因です。

男性の場合、気に入った女性には自分からアプローチします。ですが女性の場合は、男性を誘ってアプローチさせようとします。

女性は誘う生き物であり、受け身なのです。これはかならずしも恋愛関係だけでなく、職場でちやほやされたり、親切にしてもらったり、良い扱いをしてもらうのも同じで、すくなからず「誘い行為」が存在します。

つまり女性が男性に良い扱いを受けるためには、ほかの女性全員がライバルとなります。これは男性よりも女性のほうがはるかにライバル意識が強いです。

たとえば恋のライバルがあらわれた場合。男性は女性を振り向かせるために自分を魅力的にすることを考えますが、女性の場合は、男性を振り向かせることよりも、ほかの女性を蹴落とすことを考えがちです。

女の敵は女

これらの要因があるからこそ、女性は男性に寛容で、女性に厳しくなってしまいます。

母性は極論を生み出す

母性はとても優しくて寛容なものですが、度がすぎるとどんどん男性を甘やかせ、女性に厳しくなってしまいます。

  • イケメンだから浮気は仕方ない
  • 男は浮気するもの
  • お金持ちだから好き勝手して当たり前
  • 才能がある人だから何をやってもいい

母性が強いと寛容になりすぎて、正常な判断を見失っていきます。犯罪を犯した子供をかばう親と同じです。寛容さは大切ですが、寛容と甘やかしは別物です。

こうした考えをもつ女性の根底には「自分が愛されたいから」という思いが隠れていますが、本当に相手を愛しているなら善悪を正しく判断できる人間になり、相手に伝えられるようになりましょう。

心を改めさせ、ともに歩んでいくのが本当の愛です。自分にとって都合いいからただ甘やかすのは愛ではないし、何も考えていない悟りのない人間です。

女の敵は女

差別があるのが当たり前だしそれが世の中だ

といって長い物に巻かれている人生では、どんどん不幸の道にはまります。世の中の「当たり前」に疑問をもちましょう。悪いことや理不尽なことを当たり前にしないでください。諦めた人や、悪と戦う勇気を捨てた人に幸せはやってきません。

女の敵はやっぱり女

女性は母性や共感意識が強く、それがあるからこそ他人との関係を円滑にしていけます。

ですが意識が強すぎると、母性や共感意識の足らない女性を攻撃してしまいます。さらに感情論なのでそこに理屈はありません。

女の敵は女…その本質は、女性自身がもつ「こうでなければならない」といった価値観の押しつけや、女性たちが母性を保つために我慢していることを他の女性にも強要することなのです。

スポンサード リンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

人間関係をよくするコラム

スポンサード リンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

★facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります