無料占い恋愛と人間関係[占いレディ]

九星気学九星、干支、五行の占い

九星気学とは、

  • 一白水星(いっぱくすいせい)
  • 二黒土星(じこくどせい)
  • 三碧木星(さんぺきもくせい)
  • 四緑木星(しろくもくせい)
  • 五黄土星(ごおうどせい)
  • 六白金星(ろっぱくきんせい)
  • 七赤金星(しちせききんせい)
  • 八白土星(はっぱくどせい)
  • 九紫火星(きゅうしかせい)

という9つの星(本命星)に人を分類し、基本性格や方位の吉凶診断を行う占術です。

ここではまずあなたの本命星をわりだし、基本性格を占います。

なお九星気学では、立春2月4日~翌年2月3日までを1年間として扱います。そのため1月1日~2月3日の間に生まれた人は、生まれ年の前年の西暦で占ってください。

たとえば1980年1月1日~2月3日までの生まれの人は、前年の1979年で占います。

自分の本命星を確かめよう!!
西暦を入れてください

次は相性をみてみよう!五行相関図

上記でわりだした本命星には、木、火、土、金、水の5つの自然属性があります。これを五行といい、簡単な相性がわかります。五行相関図は以下のとおりです。

九星気学の相性

相生の関係:よい相性

矢印が向いている人へ手助けをする相性です。水は木を潤す、木は火をさらに燃やす、火は土を強くする、土は金を輝かせる、金は水を生み出す、といった具合です。

自分に矢印が向いている人と付き合うと良好な関係が築けます。

相剋の関係:悪い相性

矢印が向いている人の存在を否定する相性です。水は火を鎮火する、火は金を悪くする、金は木を枯らす、木は土の養分を吸い取る、土は水を吸収する、といった具合です。

自分に矢印が向いている人と付き合うと、損をすることが多いマイナスな相性です。

次は行動するときの吉凶診断をやろう

九星気学では、何か行動をおこすときに方位を調べて、その吉凶を診断することができます。

これが九星気学の神髄であり、九星気学が好きな人の多くは、この項目に注目している人が多いのではないでしょうか。

たとえば、引っ越しをしたり、新居をたてる、就職、転職、結婚など「移動を必要とする人」が、どの方角へ動いたらよいのか、吉凶がわかるのです。

九星気学には方位版というものがあり、方位版を使って吉凶を調べます。

方位版について詳しくはこちら

スポンサーリンク

関連した占い

関連カテゴリー

スポンサーリンク

東洋占星術のコラム

占いやコラムを気に入ってくれた方へ

SNSやブログで当サイトをご紹介いただけると励みになります。よろしくお願いします!

鑑定士ミオ 占い師として活動を始めて13年目です。数字による占術をベースに星座や独自の概念を組み合わせた生年月日占いに力を入れています。お悩み内容をリクエストをいただければサイト上に占いをアップロードします。詳しくはよくある質問をご覧ください。
★悩みリクエストフォーム