無料占いサイト恋愛と人間関係

十干ごとの性格と相性

十干(じっかん)とは、甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の10とおりに分類された人の性質をあらわします。

まずは自分の十干を確かめよう

生まれた西暦を選んでください。各干ごとの性格や性質を表示します。

十干ってなに?

陰陽五行説

木、火、土、金、水の5つの自然属性を五行といいますが、これをそれぞれ陰と陽にわけて10とおりにしたものが陰陽五行といいます。陰が「兄・男性的・プラス」の要素を持ち、陽は「弟・女性的・マイナス」の要素を持ちます。

さらにこの陰陽五行の10とおりの要素をそれぞれ、甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸として別の名前に言い換えたものを、十干(じっかん)といいます。

十干の読み方

陽の人には「え」をつけ、陰の人には「と」をつけます。

甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)と読みます。

十干の相性

自分の十干と逆位置にある関係を、干合(かんごう)と呼びます。

陰陽五行説

干合(かんごう)って、どういう相性?

干合とは、自分とは180度違う性質を持った相性です。まったく共感してもらえない可能性があり、反発も強い相性です。

一方、自分にないものを補ってくれる相手でもあるため、結婚相手としてはふさわしい相性だといわれています。

強く惹かれあうか、強く嫌いあうか、両極端な関係といえるでしょう。

スポンサーリンク
当たってましたか?
この結果をシェアして友達と楽しみましょう。

次の命式占い

関連した占い

東洋占星術のコラム

▼占いの新着がfacebookで受け取れます

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります