無料占いサイト恋愛と人間関係

九星気学の方位版の見方

九星気学といえば方位盤だけど、どういうときに使うの?

方位盤は、人生のイベントにおいて移動をともなうときの吉凶判断として使われます。

たとえば新居を立てるとき、結婚、転職、就職、旅行などは、生活の拠点が移動しますよね。そんなときにどの方位に移動したら幸運であるか?を診断するものです。

九星気学の方位版の見方

気学では人間の行動と結果には時期やタイミングが関係しているとする考えがあり、正しい方角に行動することができれば、物事が順序良くスムーズに運ぶとされます。

また、風水や陰陽道でも方位は重要であり、悪い方位を知ることで災いを除ける概念があります。

スポンサーリンク

4種類の方位盤がある

  • 年盤:一年単位の方位版
  • 月盤:一か月単位の方位版
  • 日盤:一日単位の方位版
  • 時盤:二時間単位の方位版

一般的には年盤の吉凶を知っておけばよいですが、月盤まで把握しておけば十分でしょう。こだわる人は日盤や時盤もチェックする人がいますが、とらわれすぎて何も行動ができなくなってしまうのは良くないため、行動の目安として知っておくとよいでしょう。

見るべき方位版を間違えないで

九星気学の1年は、 立春2月4日~来年の節分2月3日までです。1月1日~12月31日ではないのです。そのため、

方位版を見るときも、
2月4日に新しいものに切りかわります。

たとえ新年があけても、2月3日までは前年の方位版を参照します。

方位盤は後天定位盤が基本

方位盤において基本的な配置を示したものを後天定位盤といいます(以下の図)。

後天定位盤

五黄土星を中心に配置されており、この形が基本形です。この中央のことを中宮といいます。また、北が下向きになっているのが特徴です。ここを間違えないようにしましょう。

この配置を定位置とし、年盤であれば1年ごと、月盤であれば1か月ごとに、星の配置が番号順に移動します。

たとえば来年になったら1の五黄土星は2の位置に移動し、2の位置にあった六白金星は3の位置に移動します。こうして年、月、日ごとにズレていきます。

この方位版を見て、悪い方位を確かめるのが九星気学です。

とくに一番悪いとされるのは真ん中にある中宮(八方塞という)なので、ざっくり言うと、中宮にどの星が入っているかを見て吉凶判断するのが九星気学であるといっていいでしょう。

また、年盤の中宮のことを「年家九星」という呼びかたもします。

たとえば「今年の年家九星は一白水星です」と出ているのであれば、その年の年盤の中宮は一白水星が位置していることを指します。

ほかにも月盤の中宮を「月家九星」、日盤の中宮を「日家九星」と呼びます。

スポンサーリンク

それではさっそく今年の年盤を見てみましょう

2017年2月3日までは2016年度を参照してください。

2016年度 年盤

2017年度 年盤

この記事を読んだ人は
こんな占いもしています

東洋占星術のコラム

スポンサーリンク

▼占いの新着がfacebookで受け取れます