無料占いサイト恋愛と人間関係
恋愛に使える心理学

頻繁に会って好意を持たせる
「単純接触効果」

単純接触効果とは、何度も接触するだけで人は相手に好意を抱くという心理です。

同じ職場、同じ学校の人は恋愛に有利

同じ職場、同じ学校の人は恋愛に有利人は、日頃からよく顔を合わせる相手に好意を持ちます。

職場の同僚や、学校のクラスメイト、趣味仲間はもちろん、いつも同じ電車に乗る人、テレビでよく見る人に対しても、頻繁に見ているうちに仲間意識を持ちます。これを単純接触効果といいます。

芸能人のアピールや商品のCMなどは、よくこの方法が使われていますね。

また、社内恋愛で「最初は好きじゃなかったけど結婚した」というケースが多いですが、これも単純接触効果が大きく影響しています。

スポンサーリンク

接触時間よりも接触回数を増やす

接触時間よりも接触回数を増やす

単純接触効果は回数の多さが重要です。たとえば1週間のうち1度だけ好きな人と食事に行くより、1週間のうち毎日挨拶だけかわす関係のほうが、より好感を持たせます。

1度だけ長い間話をするより、毎日短い挨拶をする方が有効なのです。

ダラダラと話をしないほうが、相手に「この人はどんな人なんだろう」と想像させ、自分の存在を思い出させる効果があります。

長い時間の接触は逆効果になる

単純接触効果の逆効果

相手に接触するときは、ダラダラと会話を続けてはいけません。あくまで「接触時間は短く」という鉄則を守らないと煩わしい印象を与えてしまい、逆効果になってしまいます。

もっとも有効な方法は挨拶だけで済ませることです。ただしメールだけで毎日「おはよう」などと送ることは逆効果になります。メールは特殊なツールなので、その内容はとても重要です。挨拶をするなら直接会話しましょう。

スポンサーリンク

連休に入ったら好きな人にメール

好きな人にメールでやり取り

3連休以上の休みが続いた場合は、連休中に1度だけ好きな人にメールを送ってみましょう。相手のプライベートに入り込むことで単純接触効果があります。

ただし、メールは使い方を間違えると嫌われやすいツールなので、休みに入るたびにメールを送るのはNGです。3連休などの特別な休みのときだけで十分でしょう。

普段から顔を合わせる間柄であるほど、たまに送るメールが効果的です。メールが難しい人はLINEやfacebookなどに近況を投稿して存在をアピールすることが有効です。

嫌いな人だと逆効果

恋愛心理学の利用

単純接触効果は、相手もそれなりに脈アリだった場合には非常に効果的ですが、相手の反応があまりよくなかった場合、それ以上続けて接触すると逆効果になってかなり嫌われます。

このテクニックを使うときは、相手がイマイチな反応を見せたらすぐ距離をおきましょう。

相手がイマイチな反応だった人は、グル―プデートを提案しましょう。二人きりでは無理でも、友人たちを通して接触をすれば、それだけでも単純接触効果は期待できるので、ぜひやってみてください。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

素敵な恋をするためのコラム

スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

▼facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります