無料占いサイト恋愛と人間関係
恋愛に使える心理学

要求を呑ませる
「ドアインザフェイス」

ドアインザフェイスとは、最初に確実に断られそうな要求を突き付け、その後に簡単な要求をして受け入れさせるテクニックです。

遠慮がちな人ほど引っかかる

譲歩させているという心理最初はあえて無理な要求をして断らせます。断った方は、遠慮がちな日本人なら少しだけ申し訳ない気持ちになります。

その後、最初よりも簡単な要求をします。すると優しい日本人であれば「仕方ない、その要求なら呑めそうだから呑んであげよう」という感情になり、条件を受け入れてしまいます。

遠慮するタイプの人、他人に気を使う人、人に迷惑をかけたくない人、気が弱い人、押しに弱い人は、このテクニックに引っかかりやすいです。

スポンサーリンク

たとえば…具体例

男性が女性を食事に誘う時

ダメなパターン
「一緒に食事に行かない?」

最初から脈アリじゃない限り、断られる可能性が高い。

ドアインザフェイスを使うと…?
男性「すごくいい宿があるんだ、食事も旨いし露天風呂も最高の旅館があるんだけど、一緒に旅行行かない?」
女性「宿は素敵そうだけど、いきなり旅行は無理だよ」
男性「そうだよね、そう言うと思ってたよ。だからその宿と同じ料理を出してくれる店を探したんだけど、そこに行くのはどう?」
女性「それならいいよ」

無理な要求から簡単に要求に切り替えられたことで、要求を受け入れやすくなる。

やりすぎは強引な奴だと思われる

変な奴ドアインザフェイスは、大胆な人や、自信家な人、気が強い人など、恋愛に積極的な人ほど無意識に使っています。

あまりこのテクニックを駆使すると、空気が読めない奴、強引な奴といった印象で終わってしまうので気をつけましょう。

また、相手が気が強いタイプだった場合はイラつかせる原因になるので逆効果となります。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

素敵な恋をするためのコラム

スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

▼facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります