無料のおまじないサイト恋愛と人間関係は当たる

健康になれるおまじない

健康運は人間にとって一番基本的なところですよね。健康でなければ思うようにいかないことが多くなり、気分も落ち込んでしまいます。

ここでは食事のシーンでできる健康運アップのおまじないを紹介します。

当サイトのスタッフが入院したときも、このおまじないを毎日やりました。現在は無事に退院し、その後の経過も問題なく元気になりましたので、ぜひあなたもやってみてください。

健康になれるおまじない

準備するもの

このおまじないで使うものは、です。

もしあなたが安物の箸を使っているなら、ちょっといい箸を買ってみてください。そして箸を大切に扱いましょう。

箸は「橋」の漢字に変換できますが、
箸は本当に橋渡しの効果があります。

人間が健康を保つには食べ物が第一ですが、その食べ物を運ぶのが箸です。食べ物から健康を橋渡ししているのです。また、愛情を橋渡ししたり、幸運や財産を橋渡しする役割もあります。

そのため、箸は多くの神社でも幸運グッズとして販売していますよね。結婚式でも縁起物として箸をお土産に渡すところも多いです。私たちは普段なにげなく使っている箸ですが、神様の世界では箸はとても重要なアイテムなのです。

箸は「橋」という漢字に変換できます

よい箸を用意する…といっても、何千円もする高価な箸を買う必要はありません。

素朴なもので構わないので、しっかりした作りで、適度な重みのある箸を選んでください。 できれば木の素材で作られた箸を選びましょう。ただし、軽いプラスチック製の安っぽい箸は避けてください。

またキャラクターや動物など、生き物の柄が入った箸も避けましょう。花柄や模様はOKです。

もし家族が入院していたら、入院中に使う箸をプレゼントしてもよいかもしれません。

方法・やり方

箸を使って食べ始めます

ステップ1

食事を食べる前に、箸を両手にもちます。そして「健康になりたい」「病気を治したい」など、願いごとをしっかり箸に込めてください。

健康になりたい本人が念を込めないと意味がないので、もし誰かにプレゼントする場合は、ちゃんと本人がやるように伝えてください。
ステップ2

箸を使って食べ始めます。食べるときは、ただ食べるのでなく、食べ物からパワーをもらっていることを実感しながら食べます。

たとえばご飯を食べるときはお米が育っている大地のパワーをイメージしたり、お米を育てた人の苦労や愛情に感謝しながら口に運びます。
肉や魚を食べるときは、生き物の命をもらってあなたにパワーが入り込んでいることをよく想像しながら口に運んでください。

すべての食品は、それぞれのドラマがあって、いまあなたの目の前に用意されています。ただ「おいしい」と食べるのもよいですが、食べ物から元気と愛情をもらっている…と感じながら食べれば、脳によい刺激が加わります。
ステップ3
食べるときは、毎回ステップ1と2を続けます。すると自然治癒力があがり、健康へと近づきます。
スポンサーリンク

なぜ効果があるの?

「念」の力は、とても強いです。

念の力を軽んじている人が多いですが、念じる…とは神社で祈るだけが念ではありません。日ごろ食べるときの「いただきます」という感謝も、念のひとつなのです。

「健康になりたい…だから食べ物から元気をください」そうした念を強く込めることで、食べ物のパワーを最大限に引き出せるのです。

何も考えずバクバク食べて、丸のみしているような人が、ブクブク太ってしまいます。

健康になりたい

一口一口を大切に、食べましょう。

とても簡単な方法ですが、効果のあるおまじないです。ぜひやってみてください。

スポンサーリンク
ぜひこのおまじないをシェアしてお友達と一緒に楽しみましょう。

次のおまじない

関連したおまじない

恋を叶えるコラム

スポンサーリンク

あなたの願いごとを叶えます

おまじない一覧にあなたの望むおまじないがない場合、占い師とスピリチュアルカウンセラーが、あなたに合わせたおまじないを提案します。ぜひリクエストしてください

▼占いの新着がfacebookで受け取れます