無料占いサイト恋愛と人間関係

仕事の悩みやりたい仕事がないのは自分のせい?

やりたい仕事がない…これは20代によく見られる悩みです。

なかなか情熱が湧き起こらないことに悩んでいると思いますが、この問題は誰でも陥りやすい、あまり心配のいらない悩みです。

やりたい仕事を見つけるコツについてお話しします。

やりたい仕事がない

みんな最初からやりたい仕事があるわけじゃない

新卒で入社したとき、入社後のイメージがしっかり固まっていた人はほぼいないと思います。ほとんどは仕事がよくわからない状態で就職しています。お金を稼ぐため…そして学生を卒業したから仕方なく仕事を探しているだけなのです。

仕事がよくわからないまま入社して、与えられた仕事をこなす…そして先輩の仕事ぶりを見て、

「仕事ってこんなもんかー」

と思うのです。

そしていろんな仕事を経験するうちに、

  • 「この仕事は面白いな」
  • 「この作業は得意かも」

というのがわかっていき、それを自分の仕事にしていくのです。

なかには「こんなはずじゃなかった」「イメージとちがう」「つまらなかった」という人もいるでしょう。

いずれにせよ、面白い…つまらない…その判断をするためには、まずはいろいろな仕事を経験するしかないのです。

みんな最初からやりたい仕事があるわけじゃない

学生のうちに仕事のイメージをつかむワークショップなどもありますが、そんなものはたかが知れています。

現実は仕事内容だけでなく、人間関係や待遇も大きく影響します。やはり就職していろいろ経験しないと、やりたい仕事なんてわからないものです。

スポンサーリンク

最初からやりたい仕事がある人もいる

もちろん、若いうちからやりたい仕事がある人もいます。それは以下のケースです。

ケース1:学生のうちからやりたいことが明確だった

学生のうちからやりたいことがある人は、学生のうちから仕事をしています。起業志向が強いため、誰かに仕事をもらえなくても、自分で仕事を作れるのです。このタイプの人間は数がすくないので、あなたができないからといって比べて落ち込む必要はありません。

ケース2:入社した会社が自分に合っていた

入社した会社の職種、社風、待遇、人間関係など、あらゆる条件が自分に合っていたケースです。自分と会社がマッチしているので能力を発揮しやすく、自然と仕事が面白いと思えるようになります。結構ラッキーな人です。

入社した会社が自分に合っていた

もしあなたが上記に当てはまらないからといって、落ち込む必要はありません。

いまは2人に1人が転職する時代です。1社目でやりたい仕事がよくわからなくて、転職する人は多いのです。

これ面白い!を見つけにくい人もいる

いろいろな仕事をこなしても「この仕事オモシロイ」に出会えない人がいます。
それは、

コミュニケ―ション能力が低い人です。

コミュニケ―ション能力がない

大抵の仕事はコミュニケーション能力があればできるようになります。仕事は先輩からやりかたを教わるからです。

  • 先輩が言ってることがわからない
  • 先輩とうまく会話できない
  • 先輩と仲が悪い
  • 必要最低限な会話しかしない

などがあると、仕事の内容は伝わっても、楽しさは伝わりません。

「一緒に頑張ろう」ではなく「ひとりで頑張ってね」になってしまうのです。これでは連絡ミスが起きてイライラも増えるし、アドバイスも受けられないため仕事の質が落ちます。新しい仕事も任せてもらえず、いつまでも下っ端のままで成長しません。

仕事ができなければ面白いと思えないし、やりたい仕事にも出会えません。

やりたい仕事がない…と言う人ほど、会社の誰ともうまくいかず、人間関係が原因で退職したり、職を転々としているケースが多いです。

これではどの職場にいっても同じ運命です。仕事の前に、まずは他人と楽しく会話したり、適当に合わせるスキルを身に着けるべきかもしれません。

職を転々と

最近の新卒はとくに、

「仕事さえちゃんとしていればいい」

という考えの人が多いですが、それでは下っ端のまま、つまらない仕事で終わってしまいます。コミュニケーションを嫌う人に新しい仕事はこないのです。

新人の仕事はつまらなくて当たり前

新人には、誰にでもできる簡単な仕事しか任せてもらえません。そういう仕事はたいていつまらないです。

面白い仕事は会社にとっても重大であることが多いし、ベテランのスキルが問われます。そんな仕事をいきなり新人に任せる会社はありません。

新人の仕事はつまらなくて当たり前

たまに「新人にも重大なポジション任せる」という会社もありますが、それは実力主義の方針だからであって、あなたが成果が出せなければ、切られるだけです。

安定的に面白い仕事をしたいなら、まずは「つまらない下積み」をこなすしかないのです。

つまらないのは他人に頼っているから

やりたい仕事ができなくてつまらない…そんな人は、誰かから仕事をもらうことばかり考えていませんか?

誰かに頼って、与えられたすくない仕事の中でしか仕事を見ていないからつまらないのです。仕事は誰かにもらうのではなく、

自分から仕事を生み出す。
そんな思考をもてば、仕事は面白くなります。

起業家たちを見てください。起業家たちはみんな好きな仕事をしているし、生きがいをもっていますよね。それは起業家たちは叶えたい夢があるからです。夢を叶えるために仕事をします。順番が逆です。仕事をして楽しくなるのではなく、楽しくなるために仕事をするのです。

つまらないのは他人に頼っているから

つまりここで言いたいのは、仕事内容に注目するよりも、仕事をやった結果がどうなるか?を考えてみてください。

  • 仕事をしたら喜んでもらえた
  • 仕事をしたら褒められた
  • 仕事をしたらお金が手に入った
  • 仕事をしたら時間を忘れられた
  • 仕事をしたら注目を浴びた

など…仕事をした結果で楽しさを見つけます。

あなたはこれまで仕事をして、誰かに喜んでもらったり、褒められたことはありませんか?

そしてもっと喜んでもらいたい…もっと喜んでもらうにはどうしたらいいだろう?と考えたことはありませんか?その気持ちがやりがいであり、仕事の原点となるのです。

たとえばおいしい食事を作ったら「おいしい」と言ってもらえた。「もっと作って」と言われたから、今度は別の料理を考えたり、食材にこだわったりする…そうして新しい仕事が生まれるのです。

雇われ視点誰かから仕事をもらう「雇われ視点」だけでは仕事はいつまでたっても楽しくなりません。

料理にしても、ただ「作れ」と言われて決まったレシピを作り続けるのは面白くありませんよね。自分で工夫するから面白いのです。

「雇われ視点」とは、言われたままこなしたり、受け身になることです。そうではなく、

あなたは「雇う視点」をもちましょう。

雇う視点とは、誰かに提供したり、誰かに楽しんでもらうために工夫することです。それが経営者たちの視点です。一度でよいので経営者たちと同じ目線に立ってみると、自分の立ち位置もよくわかり、だいぶ仕事への見方が変わってくるはずです。

あなたは何のために、誰のためにその仕事をしているのですか?お客さんのため?同僚のため?お金のため?なんでもよいので、仕事をしたあとのメリットについてよく考えてみてください。

もしメリットを想像してもあまり楽しくないなら、いまあなたがいる業種や職種は合っていないのかもしれません。

まずは与えられた仕事をこなそう

会社によっては、

与えられたことだけやってくれればいい

という会社もあります。

それが悪いわけではありません。人にはそれぞれ適正があるし、ライフスタイルに合わせて仕事の目的も変わるからです。

とくに主婦など、空いた時間で有効にお金を稼げればよい、と考えている人は、収入が入ってくればそれ以上はあまり求めない人が多いでしょう。

適正

でも、もしあなたが仕事にやりがいや面白さを求めて職を転々としているなら、やはり「雇う視点」をもって自分から新しい仕事を作れるようになってください。

そのためには、まずは与えられた仕事は確実にこなします。それができたら次の仕事をもらいます。これまでやってきた仕事は新人に任せてください。

もし上司がそのように動いてくれないなら、さらにその上の上司にかけあってください。その上司も役にたたないなら社長に直接言いましょう。そのくらいの度胸と積極性があれば、どんな会社にいっても確実に面白い仕事をもらえるようになります。

それができたら、今度は自分から提案したり、周りにかけあったりして新しい仕事を作っていきます。すでにある仕事内容に疑問をなげかけ、工夫をしていきます。そこまでできれば、あなたはすでにやりたい仕事をしているはずです。

転職アドバイザーは
利用しなきゃ損です

あなたは転職サービスを利用したことがありますか?

転職アドバイザーは、あなたの経験や現在の状況をヒアリングし、適職をあっせんしてくれます。職歴が浅くても大丈夫です。あなたのワガママや要望も考慮してくれ、あなたの味方となって仕事を紹介してくれます。

覚醒数の適職診断

さらに職務経歴書の書き方を一緒に見直してくれたり、面接のコツ、面接の手配まですべて無料でサポートしてくれます。

アドバイザーはあなたの転職が成功すると、企業から報酬をもらって収入を得ています。転職したいあなたにとっては無料でたくさんのメリットが得られるので、利用しなければ損です。

まずは無料登録をしてみましょう↓
スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

仕事がわかるコラム

スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

▼facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります