無料占いサイト恋愛と人間関係

人生を楽しくする方法仕事がつまらないなら辞めていい

仕事がつまらないんです…という人がとても多いです。それでも、生きていくために仕方なく仕事をしているのだと、彼らはいいます。

ですが結論を言えば、仕事がつまらないなら、辞めてしまえばいいと思います。すると生活できないじゃないか、と言われますが、本当にたくさんのお金を稼ぎたかったら、好きなことをやらないと稼げるようにはなりません。

お金稼ぎが上手な人は、みんな好きなことを続けた人です。

仕事を楽しくしたいなら、本当に好きなことをやろう

好きなことを極めるとなぜ稼げるか?

たとえば、モノづくりが好きな人であるなら、日ごろから絵やクラフト、工芸などの作品を作っているから、自然と物作りがうまくなります。 好きなものほど、自然と自分に技術が身に付きます。

自分に技術があれば、自分が 生産者として活躍し、それを喜んでくれる人があらわれ、仕事になっていきます。好きなことであれば誰しも一生懸命やるから、ある程度のレベルに達することができるのです。

たとえ自分に技術が身につかなくても、好きな作品を集めたり、作品を紹介したり、作品を展示して誰かに提供するなど、自分が媒介者となって社会に貢献することもできるのです。

誰しも好きなことには夢中になれば、自然とその業界に詳しくなりますよね。誰かに指示されなくても自分で好きなものを集めて、最新情報を手に入れたり、素敵な見せ方にこだわったり、他人へ知識を披露できるようになり、それが仕事へつながるのです。

「好きなこと」は、関心の高さです。いつも意識しているから、発展するのです。

好きなこと→発展

です。

でも、「好きじゃないこと」は仕方なくやったり、嫌々こなしているから、現状維持するだけで精一杯となり、発展しないのです。

スポンサーリンク

現状維持して23万円の生活を死守する意味

現在、20代に限っていうと年収の中央値は350万くらいです。税金を引かれて280万なので月の生活費は23万ほどの暮らしとなります。23万もあれば、贅沢はできないでしょうが、一人が暮らすには十分の収入かと思います。

でも、その23万の暮らしを守るためには、やりたくない仕事をして、苦痛に耐えなければなりません。疲れがたまって週末にも遊ぶ気力がわきません。そして好きなことをやっている人に対して「あいつは好きなことして自由でいいな」なんて愚痴を言い続ける人生となるのです。幸せがどこにも見えないのです。

でも、もし23万の生活をやめて、好きなことをしたらどうなるでしょう?

収入はなくなり生活レベルは下がるでしょう。それでも好きなことをやっている間は幸せを感じられるはずです。そして好きなことは「発展」だから、それを極めれば仕事に変えられる可能性がでてきます。たとえ仕事に変えられなくても、好きなことができているのだから幸せがあるはずです。

ですが、多くの人は自分のやりたいことがわかりません。そうした人がいきなり無職になるのは無理があるかもしれませんが、すくなくとも、やりたくない会社にしがみついて現状維持に徹するよりは、転職をして自分に新しいスキルをつけ、自分に何か変化を加えた方が、確実に幸せにつながっていくはずなのです。

仕事を楽しくしたいなら、本当に好きなことをやろう

好きなことが見つからない?

好きなことが見つからない人は、自分で見つけるしかありません。

見つからない人は、これまでの人生で、遊びが足らないのです。

100個も1000個も遊びを体験すれば、きっと一つは好きなことがあります。それなのに、たった10個しか体験してないのに好きなことが見つからない…と言っていませんか?

体を使った遊び、頭だけで考える遊び、誰かと一緒にやる遊び、集団でやる遊び、一人遊び、異性との遊び、朝の遊び、夜の遊び、など。視点を変えて好きなことを探しましょう。

あなたはまだ、遊びを知らないだけです。年齢や、スキル、体裁にこだわらず、好きな世界に飛び込んでみましょう。

他人の目なんて気にしてはいけませんよ!

好きなことをして自由に自己表現するほど、あなたを馬鹿にしたり、あなたに偏見を持つ人物がでてきます。ですがたとえ彼らの思う通りに自分を修正したところで、彼らはあなたを幸せにしてくれません。

見た目や体裁、常識にとらわれないでください。まずはあなたが、夢中になれることを見つけることが第1の目的です。

金稼ぎが目的になってはいけない

お金稼ぎが人生の目的となっている人がとても多いです。たしかにお金があれば、素敵な家に住み、贅沢な食事をとり、行きたい場所へいき、欲しいものを購入できるでしょう。

ですが、そうして消費に幸せを感じる方法は、あくまで「消費者の視点」なのです。

消費者とは、誰かが生み出したものをお金で買っているだけです。他人に期待しているだけです。「お金を払うから、私を幸せにして!」という意味なのです。

こうした人は最終的に「これだけ金を払っているのにサービスが悪いじゃないか!」とお金と対価を見比べて不満を言い出し、人のつながりがわからなくなります。お金で得られる対価ばかり気にしていると、一番大切な「人のつながり」を忘れてしまいます。

そしてどんどん高級なサービスを求め、満足がいかないと他人に横柄になります。「金はあるんだよ、質の高いものを出せよ!」といった札束で他人の頬を叩くようになります。

そんな気持ちを満たすには、最終的には自分が生産者として好みのものを生み出すしか満足のいく方法はないのです。

生産者は収入が低くてもなれます。

最初からお金を目的にするのではなく、お金がなくても夢中になれる、収入がなくても続けたいと思うことを見つけましょう。それが幸せへの近道です。

結論

仕事がつまらないと思うなら?辞めればいい。

そして金稼ぎを働く目的にするのではなく、あえて収入は意識しないでみる。できるだけ興味のあること、好きな分野で仕事に転職する。好きなことがないなら遊びに行く。

ぜひやってみてください。

スポンサーリンク

人がもっとわかるコラム

関連カテゴリー

仕事コラム
仕事占い

電話占いは怖くない!?
上手に占う方法

LINEで無料占い

LINEトークで今すぐ占い師に悩み相談できます。好きな占い師を選んでトークを開始すれば、すぐに鑑定開始です。

初回は10分無料のお試し鑑定ができます。

お試し鑑定のみでもOKです。

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。お悩みを投稿いただければ、そのテーマで心理学とスピリチュアルな視点も含めてお話します。(個別の返信はできません)

投稿フォーム

★facebookページ