無料占い恋愛と人間関係[占いレディ]

11、22、33の人 カバラの計算方法によって
ゾロ目の誕生数が違う

カバラの誕生数を割り出すとき、計算方法によって誕生数に違いが出る人がいます。

該当する人は、11、22、33などのゾロ目の誕生数を持つ人です。

カバラ誕生数の割り出しかた

計算方法は、新型と旧型があり、当サイトにあるカバラ占いは、すべて新型を採用しております。

新型の方がよりご本人に近い答えが出ていることが多く、いまの時代に即した結果であると感じております。

旧型の計算方法はこちらをご利用ください。

旧型のカバラ計算方法

スポンサーリンク

カバラ本来の計算方法

カバラ本来の計算方法は、誕生日をひとつひとつバラバラしたあと、一桁になるまで足していく方法です。

たとえば1970年1月22日生まれの人は、

1+9+7+0+1+2+2=22

という計算になり、誕生数は22となります。
11、22、33の人は一桁にはせず、そこでストップします。

新型カバラの計算方法

新型カバラの計算方法は、西暦と誕生日をそれぞれ一桁にしたあと、すべてを合算する方法です。

たとえば1970年1月22日生まれの人は、

西暦は1+9+7+0=17
これを一桁にすると8
誕生日の月は1=1
誕生日の日付は22=22
これらを合わせて
8+1+22=31
一桁にすると4

という計算になるため、誕生数は4となります。

こちらも11、22、33の数字が出てきた時点でそれ以上一桁にはしないため、22日生まれの人はそのまま計算します。

この新型の計算方法を使うと、11だった人は2になる可能性があり、2だった人は11になる可能性があります。4と22、6と33の人も同じです。

どっちが正しいの?

この計算方法はいわゆる流派のようなもので、どれも正解であり、その人物をあらわします。

ふたつの誕生数が出てきた人は、両方の要素をもっていると判断してください。
また、どちらの計算をしても同じ運命数になった人は、より、その数字の意味を強く受け継いでいます。

たとえ11の人が2になっても、11はもともと2の性格が発展した性格なので、まったく無関係の数字になってしまうわけではありません。11は、2に1の性格をミックスした数字です。

後天的な性格次第で、2になったり11になったり…4になったり22になったり…複数の誕生数をもつ人は、双方のあいだをさまよいながら生きていくことになります。

どちらの計算をしてもゾロ目になる人

旧型と新型、どちらの計算方法をしてもゾロ目になる人もいます。

どの計算方法をしてもゾロ目になる人は、ゾロ目の意味を強く受け継いだ人物です。

ゾロ目は奇数と偶数の両方の要素をもっています。いわば理系と文系、理性と感性…のような、相反する要素をバランスよく持っているのです。そのためゾロ目は有能な人が多く、意志表示もハッキリしていて気が強い人が多いです。

良さもたくさんありますが、存在感が大きいため悪目立ちする一面もあります。ゾロ目ナンバーをもった人の宿命と言えるでしょう。

あなたはいかがでしたか?

スポンサーリンク

次の占い

関連カテゴリー

占いやコラムを気に入ってくれた方へ

SNSやブログで当サイトをご紹介いただけると励みになります。よろしくお願いします!

鑑定士ミオ 占い師として活動を始めて13年目です。数字による占術をベースに星座や独自の概念を組み合わせた生年月日占いに力を入れています。