無料占いサイト恋愛と人間関係

ユダヤとピタゴラスカバラと数秘学の違い

カバラ、数秘術など、どちらも数字に意味をもたせて運命を診断している印象がありますが、実はこのふたつは似ているようで別物なのです。ぜひ入門編として読んでみてください。

カバラと数秘学は別物

数秘術とは

数秘学とは、すべての数には意味がある…とする考えをもとに、数字ごとに性格や運命、思想などを当てはめた概念のことです。創始者はピタゴラスという人で、この数秘学を占いに応用させたものが数秘術といい、ヌメロロジーともいいます。ピタゴラスは数秘術の父とも呼ばれています。

数秘術は生年月日をもとにして自分の数字を算出します。これらは誕生数、運命数、ソウルナンバーなどと呼ばれ、自分の本質や生まれもった性格、潜在意識などをあらわしています。

▼あなたの誕生数はこちら

一方、生まれ日のことを覚醒数などと呼び、表面的な性格をあらわしています。この覚醒数は生きる過程で強調されていった性格や性質を示しています。

▼あなたの覚醒数はこちら

スポンサーリンク

カバラとは

ユダヤ教の神秘主義思想のこと。生命の樹(セフィロト)という図式がその世界観をあらわしている。この生命の樹には、創造主である至高の神エイン・ソフが物質世界を作るまでの過程が描かれており、この教えがエインソフから天使に渡り、天使からアダムへ渡り、アダムがアブラハムとなってモーセへ渡り、その後ダビデ、ソロモン、へと渡った。こうして神から人間への伝承がなされていることから、カバラはヘブライ語で「伝承」を意味する。

カバラ数秘術とは

数字を使った占いのことはすべて総じて数秘術という。つまりカバラも数秘学もどちらも数秘術という。カバラの思想と数秘学の定義を複合させ、占いとして活用されたものを一般的にカバラ数秘術という。

生命の樹(セフィロト)

カバラの概念であり、神エイン・ソフが創った世界図。

生命の樹(セフィロト)
スポンサーリンク

次のカバラ数秘術

カバラのコラムもあります

スポンサーリンク

▼占いの新着がfacebookで受け取れます