無料占いサイト恋愛と人間関係

結婚前に知っておきたい結婚に失敗する6つのパターン

結婚とは本来おめでたいことですが、結婚によって人生がダメになる人もいます。

それは相手選びが間違っていたり、洞察力がなかったり、自分の思い込みが激しいこと…などが原因です。

そうならないためにも、いま結婚に迷っている人はぜひ、失敗パターンを把握しておきましょう。また、すでに結婚して後悔している人も、新たな失敗をしないために、ぜひ一読ください。

結婚に失敗

男性から熱烈に押されて結婚する

グイグイと強引なアプローチをする男性ほど、結婚後は急激に気持ちが冷める傾向があります。このタイプの男性は女性を捕まえたい本能が強く、女性を追いかけることや、ハートを射止めること、結婚して自分のものにすることに喜びを覚えます。結婚した瞬間がまさに目標達成であり、最大の喜びなのです。

そのため結婚後は夢から覚めたように情熱が消え、釣った魚にエサをやらないのです。

男性から熱烈に押されて結婚する

こうした夫は刺激を求めるため安定した結婚生活のなかに喜びを見出せず、妻がわずらわしく感じるようになります。最低限のことしかしなくなり、妻との会話もなくなります。

夫は不満をどこかで晴らそうとしますが、社交的な夫である場合は外へうっぷんが向かうため、浮気に走ります。新たな追いかけられる女性を見つけようとするのです。

インドアな夫である場合はうっぷんが家の中へ向かうため、妻に当たります。妻の態度や、部屋の使いかたなど、細かいことが気になりだしてモラハラしすくなります。

女性は情熱的に押されて結婚する人も多いでしょう。ですがそんなときこそ、結婚後の生活をどの程度イメージできているのか冷静に話すべきかもしれません。

スポンサーリンク

大好きな絶頂に結婚する

相手のことが好きで好きで仕方ない!そんな状態で結婚したカップルは離婚率が高いことがわかっています。

恋は盲目というとおり、相手の欠点が見えていないためです。結婚して色眼鏡がとれたとき、相手を過大評価していたことに気づくのです。

大好きな絶頂に結婚する

心がウキウキする…という表現がありますが、浮き浮きという文字どおり、恋愛中は魂が浮ついています。宙を浮いた人間が歩けないように、心が浮ついていると人生を正しく歩めないのです。

大好きで仕方ないときこそ、恋人としての時間を楽しむほうが後悔しません。また楽しい話ばかりしないで、深い話や、悩みごと、不安なことについて話すべきです。

マイナスな話を嫌う人は、都合のいい話しか聞きたくない耳なので、問題が起きたときに自分の保身ばかり考えて役に立ちません。

嫌なことを許容するのが愛です。楽を共有するのが愛ではありません。これについては本物の愛は態度で見抜くにもありますので合わせてお読みください。

結婚に強い憧れがある

結婚経験がない人は、

結婚したらきっと毎日がラブラブで素敵だろうな

なんてイメージしますよね。芸能人や友達の結婚報告を聞くと、ますます幸せそうな妄想が膨らみます。

こうして結婚への憧れがあると、「結婚という形」を手に入れることが目的になってしまい、その後の生活がイメージ不足になります。

結婚に強い憧れがある

こうした妄想人が結婚すると、毎日の生活が味気なく感じます。現実の淡々とした暮らしに拍子抜けするのです。そして、

  • もっといい人を探せばよかった
  • 結婚を早まってしまった

なんて言い出し、ないものねだりしたり、となりの芝が青く見えるのです。かなり多くの人がこの状態に陥った経験があるでしょう。

結婚は刺激ではなく安定です。ラブラブな毎日というよりは、信頼できる相手との安心できる暮らしを求めるものです。

結婚への憧れが強い人は、自分が「刺激」と「安心」どちらを求めているのか、もう一度確かめてみてください。刺激を求める人は、まだ結婚する時期ではないのです。

スポンサーリンク

結婚したら変わってくれるだろう…と欠点に目をつむる

恋人に不満がある。けど年齢的にもそろそろ結婚したい…結婚したらすこしは大人になってくれるはず…。

この考えは破滅を生みます。性格は変わらないからです。

とくに以下は気をつけるべきです。

  • お金をあるだけ使ってしまう
  • ギャンブルに大金を投資
  • 浮気性
  • 仕事が続かない
  • DV・暴力的な要素がある

こうした人間は変わりません。自制心が弱く、自分に甘いため、たとえ結婚したところで結婚相手は一番甘えられる相手なのですから、ますます甘えます。

結婚したら変わってくれるだろう

とくに浮気に関しては「男性は浮気する生き物」なんて言う女性がいますが、そうした考えをもっているから浮気する男性にしか出会えないのです。類は友を呼びます。浮気する人間は周りも浮気する人間が集まっています。

1度だけだから許す…という解釈も自分に都合がいいからです。自分が結婚したいからいい方向に考えたいだけなのです。1度でも問題を起こせば、それがその人の人間性です。同じ過ちが繰り返される可能性は十分に高いでしょう。

相手に期待しすぎる

相手への期待が大きいと、結婚したあとに不満がでやすくなります。よくあるのが、

家事は協力してやってくれるだろう

という問題です。当たり前のようにやってくれるだろうと思っていると、その当たり前が崩されたとき、大きなショックを受けます。

相手に期待しすぎる

もし相手が期待どおりに動いてくれないと、

  • 自分はこれだけ努力しているのに
  • 相手のためにやってやったのに

という恩着せがましい気持ちになります。自分だけが負担を強いられている気がして、見返りがないと愛情を与えることができなくなります。

ひとりだけならまだしも、夫婦そろって期待が強かった場合は、やりたくないことを押し付けあったり、夫婦なのに貸し借りを気にしたりして、助け合い関係が崩壊します。心も休まりません。

愛は与えることです。自分がつらくても相手の不足を補うのが愛です。

都合のいい性格しか見えない

結婚しても相手の性格は変わりませんが、あなたの見方は変わります。

都合のいい性格

たとえば結婚する前は、

わたしをリードしてくれて素敵!

と思っていましたが、結婚したあとは

何でも勝手にやるから最悪!

に変わるのです。

このふたつの態度は、彼が「自発的に行動できる」という本質をもっているからなせることです。ただその性質をプラスにとらえるか、マイナスにとらえるかのちがいだけです。どんな性格も、長所だったはずが短所にもなりえます。

都合のいい性格

結婚して不満が出たりストレスを感じると、相手の性格をマイナスにとらえて見方が変わってしまう人がいます。

自分の見方が変わっただけなのに、相手を責めたて「性格の不一致」を理由に離婚しているのが現状です。

最初は「一致」していたのですから、マイナスにしか考えられなくなったのは自分の責任です。ワガママで自分の都合しか考えられないからマイナスに傾いてしまうのです。

これについては恋人関係においても同じことが言えます。付き合う理由と別れの理由が同じにも詳しくありますので合わせてお読みください。

結局自分にふさわしい相手を選んでいるものです

人はかならず、自分の性格や気持ちのもちかたに合わせた相手を選んでいます。結婚後に相手が豹変する…といいますが、そうした性格を見抜けないことが問題ではなく、最初からそうした性質に頼り、都合のいいように解釈していたのです。

離婚経験者は2回目の結婚のほうが幸せになれると言います。これは1回目で学んだ教訓を生かして異性を見る目が変わったからなのですね。

独身の人は、ぜひ素敵な相手をよく吟味してください。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

結婚運をアップさせよう
恋愛運が占えます

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム
スポンサーリンク

★facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります