無料占いサイト恋愛と人間関係

当たった人はどんな人?宝くじ高額当選者の特徴

高額当選…うらやましいですよね。

私の周りにも100万円当てた人がいます。遠い知り合いを含めると、高額当選している人って結構いるんですよね。

ここでは、10万円以上の当選をした人性格や、生活習慣などを分析して特徴をまとめましたので参考にしてみてください。

どちらかというと資産が多い

資産家や経営者など 高額当選者たちは、もともとお金を持っている人が多いです。そのため、最初から宝くじを買う枚数が多いんですよね。だからこそ当選確率もあがっていく…がひとつの原因です。

これまで貧乏だった人が、たった1枚の宝くじで億万長者に!というケースもありますが、それはごく稀で、大体の人は平均で20~50枚くらいは買っているようです。金額にして6千円~1万5千円くらいでしょうか。そのくらいの投資は必要かもしれません。

スポンサーリンク

楽天的

楽観主義者による勝ち組 宝くじの高額当選者は、楽観的な人が多いです。あまり物事をくよくよ考えず、なるようになる…といった考え方をしています。そうしたプラス思考だからこそ、運が味方しているのかもしれません。

おそらく宝くじを買うときも、「絶対当ててやる」といった執念で買っているのではなく、「当たったらいいな~」くらいの軽い気持ちで買っているでしょう。

地味なファッションが多い

贅沢はしない習慣宝くじの高額当選者は、あまり宝石や高級ブランドなどを身につけません。欲が薄いというか、どちらかというと地味で無頓着なことが多いです。

これは外見を着飾ることよりも、ほかのことに労力を使っているからです。

自分を飾りすぎる人は見栄が強いので、それだけ余計なお金を使うことにつながったり、他人とのコミュニケーションにも摩擦が起きやすくなります。そうした態度が、日ごろから運を落とす原因になっているかもしれません。

自分をよく見せようとしすぎないことが、金運だけでなく、全体的な運気をあげるのに重要なのでしょう。

事業で成功している

成功の法則 宝くじの高額当選者は、事業で成功している人が多いです。事業で成功するには、本人の能力や努力が不可欠ですが、運の力も大切です。どんなに実力があっても、運がないとなかなか芽が出ないものです。

成功した事業者たちは、宝くじを当てる強運も合わせ持っているのでしょう。

持ってる人は持ってる…とよく言いますよね。引きつける力がある人は、何度も当選しています。

お金に細かい

お財布と出費にこだわる 宝くじの高額当選者は、物を買うときに10円単位まで細かくお金を計算する人が多いです。

これはケチなのではなく、お金をしっかり数えられる人…という意味です。数字に強いからこそ、細かい数字が気になるのでしょう。

また、どんなに少額でもお金を大切にする気持ちがあります。どんぶり勘定の人は、なかなか金運に恵まれないでしょう。

スポンサーリンク

お金を使うときは大きく使う

お金を捨てる 宝くじの高額当選者は、曖昧なところにお金を使いません。お金を使うときは、目的がハッキリしています。また、たとえそれが大金であっても、出すときはケチらずにしっかり使います。

必要なときにお金をしぶっていると、思うような結果にならないことを知っているのでしょう。

宝くじを買うときも、必要だと思えば豪快に買う…そうした気持ちが大切なのかもしれません。

せかせか動き、集中力がある

行動的な人こそが勝つ 宝くじの高額当選者は、せかせか動きます。なにかひとつ目的が定まれば、余計なことは考えず一直線に目標に向かいます。これは集中力が高く、短期間で一点に集中する性格だということです。

宝くじを買うときも集中して、素早く、パパッと買うことが金運アップの秘訣かもしれません。

やっぱり宝くじを買い続けること

宝くじ宝くじを買わなければ、当選確率は0%になってしまいます。たとえ当たらなくても、地道に買い続ける…そうした努力が必要なのですね。

 

いかがでしたか?

高額当選者には金運が宿っています。ぜひあなたもあれこれ工夫して、金運をあげていきましょう。

風水で金運が大開運
スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

もっと金運をあげるコラム

★facebookページ

スポンサーリンク

金運占いもあります

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。(個別の返信はできません)
また、本コラムへ質問がある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム