無料占いサイト恋愛と人間関係

悪い線はあるかな?悪運チェック

悪運は横線、途切れ線です

散り散り悪い線はおもに横線です。また、線が途中で消えたり、途切れている線は縁起が悪いでしょう。

また、ほかの線にぶつかるように入った横線は障害線とよばれ、不運や健康被害などをあらわすことが多いです。

ただし、悪いといっても個性のひとつなので、凶線があるからといってすべてが悪いという判断にはなりません。

また、よい線があればそれで相殺されることもありますので、総合的に判断することがポイントです。

左手は精神・前世・生まれもった自分をあらわし、右手は肉体・現世・今の自分をあらわします。左右どちらの手を見るのか?も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

途切れ線

がとぎれすぎ運命線がとぎれすぎ
知能線や感情線を境目に運命線が切れている人は飽きっぽく、転職しやすい手相だが、必要以上にやたら運命線が途切れているのは社会的に安定せず苦労が多くなる傾向。
知能線知能線から下へ途切れた線
健康運が悪い。神経過敏性症候群の傾向。しょっちゅう胃が痛くなり、腹痛にもなる。若いうちから手術をする大病を患うこともある。自分の身体の特性をよく知り、どのタイミングで調子が悪くなるのかを把握しておくこと。あらかじめ予防策などをとれば問題ない。
スポンサーリンク

横線

月丘月丘の下部分に横線が多い
人を見る目がない手相。人づきあいでトラブルが多くなったり、人から嫉妬されたり、だまされたり、利用されたり、邪魔される、上司に恵まれない、嫌われやすい、といったことが起こりやすい。
障害線打ち消し線(障害線)が入っている
感情線や知能線、生命線に対して横に線を打ち消すようにハッキリ線が入っていると、途中で大きく挫折したり、大病を患ったりする。また人生を通して情緒不安定な傾向があり浮き沈みの激しい毎日を送りやすい。
横線木星丘に横線が多い
不器用な人の手相。要領が悪く、何事も遠回りな選択をとってしまいがち。気持ちだけは強気なのであまり可愛げがない人が多く、余計に周囲からの協力を得られないことがある。
金星帯金星帯が二重三重になっている
中指と薬指をまたぐ線を金星帯といって芸術的な感性の鋭さを持っていることをあらわすが、二重や三重になっていると、神経質すぎてやや通常の人間関係が築けない傾向がある。気難しい人と思われやすい。
はっきりしない第2火星丘に横線が多い
反骨精神が旺盛で、強気な人付き合いをする。仕事などで自分が新人のころはバイタリティがあってやる気のある手相だが、ある程度の年齢にいくと高圧的な印象を与えることがある。善悪の判断をしっかりつけることが開運ポイント。
スポンサーリンク

ほかの手相も見てみよう

★占いの新着がfacebookで受け取れます

スポンサーリンク