無料占いサイト恋愛と人間関係

生命線で健康状態と寿命、性格がわかる

生命線の位置はここ!

tesou

生命線はその人の健康状態や、老後にどんな生き方をするかまでわかります。

生命線のちょうど中央あたりが35歳前後をあらわし、指先首側の線が若いときの人生、手首側の線が老後の人生をあらわしています。こうして線の位置によって年齢を計算することを流年法と言います。

左手は精神・前世・生まれもった自分をあらわし、右手は肉体・現世・今の自分をあらわします。左右どちらの手を見るのか?も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

生命線の長さ

キレイにカーブキレイにカーブを描いて長く1本入っている
健康的に人生を全うできる人。枝分かれなくキレイに生命線が入っている人は実はめずらしく、かなりの吉相。よりカーブが大きく、しわも溝も深く濃い方が幸運。明るく行動的な性格をしている人が多く、老後は子どもや孫などに見守られて生涯を遂げる暗示。
生命線が短い生命線が短い
生命線が短い人は短命という意味ではなく、生命力が弱いことを示す。寿命そのものは標準的だが、元々身体があまり強くないことから、無理をするとそこから病気を引き起こしやすくなるという警告の手相。引きこもりがちな性格の人が多く、あまり活発ではない傾向。
金星丘生命線が金星丘に来ている
生命線が金星丘の方までグーッとカーブした手相は体力が有り余っていることをあらわす。生命力が高いので肉体労働や体育会系の職業につくと成功する。
スポンサーリンク

生命線の形

二重生命線が二重になっている
生命線が二重になっている人は。長さに関わらず生命力が強い。多少無理をしても身体を壊さないタフさがあるが、自己管理能力も上手。溝が深くハッキリしているほど健康的に人生をまっとうできる。性格は物事をハッキリ発言する人が多い。
ちりぢり末端が2つに枝分かれしている
もっともよくある手相のひとつ。将来は肺炎などの病気になる可能性があるが、概ね健康的に人生を全うできる。旅行運もあり、故郷を離れてどこかへ移り住むという意味も示す。比較的フットワークの軽い人が多いことも特徴。
枝分かれ末端がいくつも枝分かれしている
職を転々としたり、住む場所があちこちに変わったりする。また飽きっぽい人によくある手相で、その行動に付随して体力もあまりなく、体調を崩しやすい。身体があまり強くない傾向がありすぐ疲れてしまう。
生命線が途中で切れて生命線が途中で切れて、再び始まる
命に関わるような大きな病気をする警告の手相。線の切れ目がどこの位置かがポイント。線の切れ目が中央地点であれば35歳前後、切れ目が中央より指側であれば若いころ、切れ目が中央より手首側にあれば、40歳以降に大きな病気をする可能性がある。大人しい性格の人が多い。
障害線生命線を横切る障害線がある
障害線があるのは劇的な環境の変化をあらわす。人生の方向転換や、これまでの生活とは一変した人生を歩んでいくことになる。ときには生命にかかわる問題になることもある。線が途切れ途切れになるのと同様の意味があるが、こちらの障害線がある方が意味が強いので、年齢の位置を確かめたほうがよい。
スポンサーリンク

ほかの手相も見てみよう

▼占いの新着がfacebookで受け取れます

スポンサーリンク