無料占いサイト恋愛と人間関係

結婚線で恋愛運を見る

結婚線の位置はここ!

tesou

結婚線は、感情線の上に位置する線です。

線の位置によって結婚する年齢がわかります。また、線の太さや長さによって、どんな恋愛をするのかもわかります。

一般的には「線の本数が結婚の回数」と言われていますが、かならずしも結婚の数をあらわすわけではなく、実際は人生において「情熱的な恋をする回数」をあらわしています。

左手は精神・前世・生まれもった自分をあらわし、右手は肉体・現世・今の自分をあらわします。左右どちらの手を見るのか?も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

年齢を見る

結婚年齢中央が30歳
小指の付け根と感情線のちょうど中央部分が30歳とし、中央より感情線側に線があると早婚、中央より小指側に線があると晩婚です。
結婚線は本人が結婚したい年齢や、結婚に適した時期をあらわしているため、実際の結婚年齢とは違うことも多いです。

結婚運を見る

不満がでるだんだん下にさがる
もっともよく見られる手相のひとつで、新婚当初は幸せだが、だんだん不満が出てくるタイプ。ただし線の長さが長い場合は、不満がありながらも何だかんだで夫婦関係は続けていく人。長さが短いと離婚する可能性がある。
玉の輿婚だんだん上にあがる
条件のよい相手に恵まれることを示す。長く一緒にいるほど愛情が深まる。夫婦生活は新しいことに溢れ、刺激的な毎日を送れる。非常によい線。
一本まっすぐ伸びている
相手とずっと寄り添い、一途に思い続ける心を示す。線の長さが薬指の方まで到達するほど長い場合は、玉の輿線としてお金持ちの異性と縁がある。結婚後は安定した暮らしができる幸運の手相。
二重線二股に枝分かれしている
離婚の相。だんだん考え方の相違を感じて離婚に至る。二股の先が上向きになっている場合は離婚したほうが本人にとってもよい結果が得られる。二股の先が下に下がっている場合はドロドロの離婚劇を迎える可能性も。
スポンサーリンク
二重線2本の線が平行している
再婚の相とよく言われているがかならずしもそうではなく、人生において結婚したい人が二人現れることを示す。線の長さが上下で明らかに違う場合は、長い方の人と結婚したほうが幸せになれる。
三重3本以上。線が多い
異性にモテる人に見られる手相。線の数だけ異性からプロポーズされるとも言われている。気が多いタイプで恋愛に重きを置いていることも多い。相手を一人に絞れないという難点もあり。
島線の途中に島がある
丸い線を島という。島はどの位置にあっても良くない。婚約したのに破断になってしまったり、夫婦生活においても親族や子どものことなどでトラブルなどに巻き込まれやすい暗示。
よくない層フィッシュ
結婚線に隣接して魚のような形で現れる相をフィッシュと言う。フィッシュは線に隣接していることが多いが、線から少し離れていても幸運の象徴として扱われる。結婚線にフィッシュが隣接しているのは幸せな結婚ができるタイプ。
tesou結婚線がない、短い
結婚向きではない人に多い手相。結婚できないという意味ではない。結婚よりももっと幸せを感じられる事柄があるという意味。たとえば仕事や趣味などに生きたほうが幸せになれる可能性が髙いことをあらわす。
スポンサーリンク

ほかの手相も見てみよう

★占いの新着がfacebookで受け取れます

スポンサーリンク