無料占いサイト恋愛と人間関係

タロットの基本的な意味

タロットそれぞれの解釈の仕方や、正位置と逆位置の意味、カードの種類について説明します。

大アルカナと小アルカナの違い

タロット大アルカナと小アルカナの意味タロットカードには22枚からなる大アルカナと、56枚からなる小アルカナがあります。

日本では大アルカナのみで占うタロットが主流です。小アルカナを使うときは大アルカナのカードと合わせて一緒に使うので、合計78枚で占います。

どうやって使い分ける?

大アルカナ
大きな出来事を占う。人生の路線変更や未来を透視するときなど
小アルカナ
日常の迷いや人の感情など、より細部を占うときなど
スポンサーリンク

スプレッドとは

スプレッドとは、カードの展開法のことです。占いたい内容によって適したスプレッドは違ってきます。

おもなスプレッド

ケルト十字法
相手の気持ちや未来を占いたいとき
生命の樹
自分の周辺について詳細に知りたいとき
二者択一
2つの答えに迷ったとき、yesno診断
ワンオラクル
物事の全体を決めたいとき、はっきり答えを出したいとき
ホロスコープ
自分の周辺についてや、細かい心理を知りたいとき
スリーカード
現在、過去、未来を知りたいとき
ストレート
自分の潜在意識、直観で答えを知りたいとき

ライダー、ウェイト、マルセイユの違い

タロットにはライダー版、ウェイト版、マルセイユ版といった種類があります。

マルセイユ版は元々カードゲームとしてフランスで使われていました。これをウェイトという人が占い用として改良したものがウェイト版です。これが広く使われるようになりライダー版として名を改めていきました。

つまり、ライダーとウェイトは同じものを指しています。日本で多く使われているタロットはライダー版(ウェイト版)です。

ライダー版はカバラの神秘主義思想や西洋占星術の考えが取り入れられているため、マルセイユ版と比べてタロットの番号や、カードの絵柄などを変えてわかりやすく改良されています。

スポンサーリンク

▼占いの新着がfacebookで受け取れます