無料占いサイト恋愛と人間関係

参拝のよくある疑問神社の参拝作法とマナー

神社の参拝に関するちょっとした疑問や、正しい作法、マナーについてお話しします。

神社に入ったら正面を歩いてはだめなの?

境内に入ると、石畳の道が本殿までまっすぐ伸びています。この中央のとおりを正中(せいちゅう)と呼び、神様が通る道として神聖な場所です。

神社正面正中

正中を横切ると神様に失礼だとして、わざと砂利道を歩く人がいますが、これから参拝に向かう人は神様に挨拶をしに行くのですから、どこを歩いても問題ありません。

神社で働いている人などは仕事で境内を歩く機会が多いため、参拝以外の目的で正中を横切ることが多々あります。そうしたときには正中を横切る前に一礼をするのが礼儀です。

また、大きな神社になると正中がとても広いですね。そのためほかの参拝者とすれちがうこともあります。そうしたときは右側通行か左側通行かどちらかになりますが、手水舎がある方向が参拝の進行方向となります。

たとえば右側に手水舎があるなら、右側通行となります。

とはいえ、石畳の歩く位置を意識するのは神様を敬う気持ちからだと思いますが、基本的に神様は、人間が石畳のどこを歩くか?なんてことよりも、心に思う内容や、日頃の努力のほうをずっと重視しますので、そちらに力を入れるようにしましょう。

スポンサーリンク

お賽銭は投げ入れてはだめ

参拝作法

賽銭箱にお金を投げ入れる人がいます。とくに元旦では人が込み合っているため、うしろから投げいれる人がいます。お賽銭がちゃんと賽銭箱に入ってない人もいますよね。

お賽銭とは、

神様からご利益をもらうための対価ではありません。

神様にお供えするものなのです。だからこそ心を込めて手を添えてお金を入れるべきなのです。

それなのに遠くのほうから投げたり、料金の支払いのように、まるで捨てるようにお金を出すのは、まったく心が入っておらず、ご利益のことしか考えていない証拠です。これではよいお賽銭の出し方とは言えないでしょう。

おみくじはいつ引く?

参拝作法おみくじはかならず参拝をしたあとに引きましょう。

おみくじを引いている最中は、神様が降臨しておみくじを引いている人の手を操作しています。その人にふさわしいお言葉が入ったおみくじを掴ませてもらっているのです。

そのためにも、まずは参拝で挨拶をして、自分の願いごとや目標をハッキリと伝えておくことが必要です。そうすれば、その答えとしてふさわしいおみくじが引けるでしょう。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

神社で運気アップするコラム
スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

▼facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります