無料占い恋愛と人間関係[占いレディ]

参拝のよくある疑問神社の参拝作法とマナー

神社の参拝方法、知っているようで知らないかも。

基本的なことを抑えておきましょう。

神社に入ったら正面を歩いてもいい?

境内に入ると、石畳の道が本殿まで伸びています。この中央のとおりを正中(せいちゅう)と呼び、神様が通る道として神聖な場所です。

神社正面正中

正中を横切ると神様に失礼だとして、わざと砂利道を歩く人がいますが、これから参拝に向かう人は神様に挨拶をしに行くのですから、どこを歩いても問題ありません。

なお、神社で働いている人は仕事の都合で何度も正中を横切ります。そうしたとき、礼儀として正中を横切る前に一礼をしています。

基本的に神様は、人間が境内のどこを歩くか?なんてことよりも、心に思う内容や、日頃の努力の方をずっと見ていますので、そちらに力を入れましょう。

スポンサーリンク

正中は右と左どちらを歩く?

大きな神社になると正中がとても広いですね。

そのためほかの参拝者とすれちがうこともあります。そうしたときは右側通行か左側通行かどちらかになりますが、手水舎がある方向が参拝の進行方向となります。

たとえば右側に手水舎があるなら、右側通行となります。

手水舎を使う

手水舎で手を洗い、身を清めましょう。

使い方や由来については手水舎の使い方をご覧ください。

参拝する前に寄り道しない

参拝をする前にお守りコーナーを見たり、おみくじを引いたりするのは適切ではありません。まずは挨拶を済ませてからが基本です。

とくに観光として立ち寄った神社など、順番を適当にしてしまう人がいます。ですが参拝する前に他へ立ち寄るのは神様に対するマナー違反となりますので、どんなに距離が遠くても、まずは参拝を先にしましょう。

お賽銭を入れる

神前に来たら、賽銭箱にお金を入れましょう。

丁寧に手を添えてお金を入れてください。これはいわば、神様へのお供え物と同じです。

投げ入れたり、小銭ばかりじゃらじゃら入れるのはマナー違反です。神の力を知っていれば、そんな態度はできないはずです。

2礼2拍手1礼

二礼二拍手一礼で参拝します。

手順1:鈴を鳴らす

鈴の役割は「神様来てください」「気付いてください」という合図です。神様のおそばに来たことを神様に知らせるために鳴らします。

鈴紐は遠慮なくしっかり振って、音を鳴らしましょう。

どの程度鳴らすかは「自分の存在に気付いてもらう」という意図を良く考え、その常識の範囲内で鳴らしましょう。

ガチャガチャと振りすぎるのはもちろん不作法ですが、遠慮しすぎてもダメで、しっかりあなたの存在を知らせてください。

手順2:2回礼をする

2回お辞儀をします。お辞儀のスピードは特に規定はありませんが、心がこもっていればスピードは関係ないようです。(私の知人の神通力者の方はものすごくおじぎが早いです。それでもとても幸運な方です)

手順3:2回手を叩く

2回手を叩きます。
このスピードはあまり早くない方がいいでしょう。しっかり音をならして、手を叩くごとに魂を込めてください。

手順4:伝えたいことを念じる

まずは自分の名前を名乗りましょう。

「おそばに参りました、〇〇です」

ように伝えるとよいでしょう。そのあとに伝えたいことを念じます。自分がその願いに対してどのように行動し、何を思ったか、そしてどうしたいのかを伝えるとよいでしょう。

手順5:1回礼をする

最後に一度お辞儀をして、その場を立ち去ります。

気をつけるべきこと
 

2礼2拍手1礼の作法は、神社のみで行われます。お寺や先祖の墓前などで行わないようにしましょう。

おみくじはいつ引く?

参拝作法おみくじはかならず参拝をしたあとに引きましょう。

おみくじを引いている最中は、神様が降臨しておみくじを引いている人の手を操作しています。その人にふさわしいお言葉が入ったおみくじを掴ませてもらっているのです。

そのためにも、まずは参拝で挨拶をして、自分の願いごとや目標をハッキリと伝えておくことが必要です。そうすれば、その答えとしてふさわしいおみくじが引けるでしょう。

 

神社にお参りしても願いが叶わない13の原因も合わせてお読みいただくと、より幸運を得られるでしょう。

スポンサーリンク
神社で運気アップするコラム

関連カテゴリー

占いやコラムを気に入ってくれた方へ

SNSやブログで当サイトをご紹介いただけると励みになります。よろしくお願いします!

コラム著者

神威力訓練所で実践修行をした経験を持っています。幸福になるマインドセットセミナー、人をつなぐコミュニティ運営の実績があります。あなたのお悩みを受け付けています。個別返信はできませんが、投稿内容をもとにコラムを書きます。

★悩み投稿フォーム