無料占いサイト恋愛と人間関係

神社の参拝作法手水舎の使い方

手水舎とは、神社やお寺の参道に置かれた手洗い場のことです。

手水舎てみずしゃ

手水舎の読み方は、てみずしゃ、てみずや、ちょうずしゃ、ちょうずや、などと読みます。一番使われているのは「てみずしゃ」かもしれませんね。

ここでは手水舎の使いかたについてお話しします。

手水舎の使い方・洗い方

手順1

参拝作法

柄杓を右手に持ち、まずは左手に水をかけて清めます。

手順2

手水舎の使い方

柄杓を左手に持ち替え、右手に水をかけて清めます。

手順3

神社の方法

柄杓を再び右手に持ち替え、ふたたび左手に水をかけます。このとき手のひらで水をすこしとります。その水で口をすすぎます。ガラガラとうがいをしたり、柄杓に直接口をつけるのは無作法となるため、かならず手の平から口元へ水を運び、口をすすぐ程度にします。

水を吐き出すときは手で口元を隠して静かに出します。

また手水舎の水を飲むのは絶対にNGです。水はあくまで穢れを洗い流すためのものです。水を飲むことで神力は授からないため気をつけましょう。

手順4

柄杓の持ち方

柄杓を縦に持ち、柄杓の柄(持ち手部分)を洗います。

柄杓を元の位置に戻したら、これで手水舎によるお清めは終わりです。

スポンサーリンク

手水舎は何のためにある?

手水舎てみずしゃ手水舎は、俗界にいる人間が神様の聖域に入る前に、手や口、肉体についた穢れや邪気を払い、お清めをする意味があります。いわば禊ぎの儀式です。

手水舎はかならず使いたいところですが、管理が汚い神社もあります。手水舎が設置されていても水が空っぽだったり、柄杓がなくただの水たまりになっていたり、土や落ち葉などのゴミが浮いていたり、妙な生物が生きていたり、不衛生な場所も数多くあります。

衛生面の悪い汚い水で清めても穢れは祓われないので、水がない場合や水質が汚い場合は使ってはいけません。

手水舎の代わりに自宅で風呂に入る手もある

究極の禊ぎと祓い究極の禊ぎ方法は、自宅で身体を洗ってくる方法です。神様は清められたキレイな身体に神威力をくれるので、お風呂は最高の禊ぎとなります。

休日など、時間に余裕があればぜひ実践したい方法です。

手水舎はなぜできた?起源や歴史

歴史昔は神様の聖域に入る前に川の水などで身体を清めていましたが、時代の流れとともに水の衛生面などの問題が浮上して、手水舎として手洗い場が作られたことが始まりです。

現在も昔に手洗い場として使われていた川が残っている地域もあり、有名なのは伊勢神宮の御手洗場です。

なぜ龍がモチーフ?

龍神のご神水手水舎は龍の口から水がちょろちょろと出ていたり、側面に龍の彫刻がなされています。これは龍神が水を司る神様だからです。

ほとんどは龍が飾られているところが多いですが、神社によってはお祀りしている神様の神使がモチーフになっていることもあり、兎や亀、蛇、蛙、河童、熊などが飾られていることもあります。

参拝者はこの手水舎の動物にも注目してみると、また違った角度から神社参拝が楽しめるでしょう。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

神社で運気アップするコラム
あなたの運がわかる占い
スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

▼facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります