無料占いサイト恋愛と人間関係

憂鬱を克服しよう サザエさん症候群になる7つの原因と対策

サザエさん症候群とは、サザエさんの放送を見ると憂鬱になる現象のことです。

サザエさんの放送時間は日曜の18時30分からですが、この時間帯がちょうど「休日の終わり」を実感しやすい時間帯です。

残り少ない休日の時間に名残惜しさを感じつつ、明日からの労働を思い出すと憂鬱な気分になる…そんな時間がちょうど日曜日の夕方であり、サザエさんの放送時間なのです。

サザエさん症候群とは

サザエさん症候群は、およそ社会人の半数以上が経験したことがあると言われており、

ブルーマンデー症候群

とも呼ばれています。

また、ちびまる子ちゃん症候群とも呼ばれます。

ここではサザエさん症候群になってしまう原因と、対策についてお話しします。

スポンサーリンク

原因1:仕事が面白くないから

おそらくこれが一番でしょう。仕事が面白くないと、会社に行くのが憂鬱ですよね。

会社が楽しい人の多くは、仕事がデキる人です。デキる人は職場から必要とされますし、それなりの待遇も受けます。給料も他の人より高いでしょうし、やりがいを感じられます。

仕事ができなかったり、責任のない仕事ばかりしていると、やりがいが生まれないため仕事がつまらなくなります。

原因1:仕事が面白くないから

こんな対策がおすすめ

仕事で評価されるまで頑張る

仕事は自分で面白くするしかありません。まずは仕事で高い評価をもらえるよう、できるだけ頑張りましょう。

誰かに褒められて必要とされるほど、やりがいは生まれます。役にたつ人間になれば、仕事はどんどん面白くなるでしょう。

単調な仕事は避ける

単調な仕事は避けましょう。単調な仕事は飽きがくるのが早いし、その先のキャリアアップに限界があります。

家族経営の仕事だったり、バイトやパートで金稼ぎが目的の場合は、単調な仕事でも問題ありません。ですがいつかキャリアアップして会社の中枢として活躍したいなら、単調な仕事ではかならず不満が出てきます。

そのようなときは、ひとつの仕事ができるようになったら、次の仕事をもらいましょう。自分から改善策を提案したり、経営のことまで考えられるようになれば、あなたはすでに仕事が楽しいはずです。

スポンサーリンク

原因2:人間関係が悪いから

人間関係が悪いと、会社に行くたびに憂鬱になりますよね。

職場に苦手な人がいたり、つねに気を使わないとならない上司や、自分勝手でワガママな部下がいると、それらを思い出すだけでサザエさん症候群が出てきます。

原因2:人間関係が悪いから

こんな対策がおすすめ

何でも話せる相手を作ろう

職場に何でも話せる同僚をひとりくらいは作っておくとよいですね。愚痴を言えるくらいの相手がいれば十分です。

ただし、噂話が好きな人は信頼できないため注意してください。

また、上司には遠慮せず何でも言う習慣をつけましょう。とくに仕事の内容についてはバンバン意見した方が、会社のためにもなります。上司がダメだと思うなら、その上の上司に掛け合いましょう。

他人に期待しすぎない

他人が何かしてくれることを期待しすぎてはいけません。

「もっとこうしてくれたらいいのに…」そんな気持ちが強いと、不満がでるし、人間関係が悪くなります。

してくれないのが当たり前…とし、自発的に行動を起こしましょう。むしろ他人を助けてあげられる人物になれば、人間関係は良好になります。

恋をする

職場に好きな人がいると、それだけで会社に行くのが待ち遠しくなります。

日曜の夕方は憂鬱になるよりも、むしろ、どんな服を着ていくか考えたり、明日どんな話をしよう?と想像するだけで楽しくなるでしょう。

また、社内恋愛は周りへの配慮も大切にしましょう。

原因3:朝が苦手だから

毎朝早起きをして満員電車に乗り、決まった時間に仕事を始める…この動作そのものがキツイ人も多いですね。

人間は習慣の生き物なので、一度癖がついてしまえば早起きできるようになります。

でも、習慣になるまでが苦痛です。

とくに生活が不規則だったり、寝る時間のリズムが一定でないと、なかなか早起きが体に身に付きません。「明日また早起きしなきゃいけないのか…」そう思うと、サザエさん症候群がやってきます。

原因3:朝が苦手だから

こんな対策がおすすめ

朝に楽しいことをする

朝に楽しいことをする習慣を身につけましょう。

夜中にゲームをやる習慣がある人は、朝にゲームをやってみてはいかがでしょうか。また夜更かししてテレビを見る人は、夜は録画しておき、朝に見てみましょう。そうして朝に楽しいことをもってくることで、夜はすぐに寝ようとする習慣ができます。

また、朝に楽しいことをすると脳が一気に活性化します。免疫機能もあがるため、体も心もスッキリした状態で仕事に望めるのです。

原因4:神経が疲れているから

人間は、体が疲れると、心も疲れます。

当たり前の構図ですが、これに気づいていない人が多いです。

とくに仕事が激務の人は、仕事に追われるプレッシャーから「仕事しなきゃ」と息張ってる人が多いですね。ですがそうして体ばかり酷使すると、心がついてこなくなります。

原因4:神経が疲れているから

「こんなに頑張ってるのに気持ちが乗らない…」と思う人こそ、休んでください。頑張ってるから心が落ち込むんですよ。

神経の疲れが長く続くと、心の病気になり、うつ病、パニック障害などに発展します。

こんな対策がおすすめ

シャワーではなく浴槽につかる

仕事が忙しい人ほど、土曜日にしっかり疲れをとることを念頭に置きましょう。

とくに神経を回復させたいときは、お風呂の時間を長めにとります。シャワーではなくちゃんと浴槽につかりましょう。湯船の中でマッサージもするとなおよいですね。

食べ物と睡眠をきっちり

食べ物はちゃんと栄養のあるものを食べましょう。とくに甘いものばかり食べていると低血糖になり、余計にだるくなったり精神不安を引き起こします。

食べ物のケアが心のケアだと思いましょう。睡眠もしっかりとって、体を休ませることです。

軽い運動をする

サザエさん症候群が起きたら、外へ出て15分ほど軽い有酸素運動をすると気分が和らぎます。

明日から会社なのに体を疲れさせるのか?と思うかもしれませんが、神経の疲れには適度な運動で血流をよくすると良いでしょう。土日にゴロゴロ過ごした人ほど効果があります。

栄養ジュース

ハーブティや、温かい麦茶、フレッシュジュースなどがおすすめです。こうしたものをサザエさん症候群が起きたら飲んでみてください。神経がやわらいで楽になります。

なお、コーヒーや緑茶はカフェインが入っているため、刺激物になりやすいので避けた方が無難です。

原因5:仕事にプレッシャーを感じるから

仕事で大きな責任が課せられていたり、締め切りの期限が迫られていたりすると、そのプレッシャーからサザエさん症候群になります。

良くも悪くも他人から視線を向けられると、プレッシャーになってしまいます。

たとえば「仕事ができるから注目されている場合」も「仕事ができなくて見張られている場合」も、どちらもプレッシャーには変わりありません。

原因5:仕事にプレッシャーを感じるから

こんな対策がおすすめ

仕事のやり方を見直す

プレッシャーを感じる人は、それだけ一生懸命仕事に取り組んでいる証だと思います。悪い傾向ではないでしょうが、プレッシャーが長く続く場合は精神的に支障が出てくるでしょう。

仕事のやり方そのものを変えるのが一番です。

自分の仕事を周りへ配分したり、責任を分散させたり、もっと時間に余裕のある職場へ移動するのも手です。

できない仕事があるなら誰かに助けを求めましょう。ひとりで何でも抱えないことです。

原因6:行動を強制されるのが苦痛だから

会社員をしていると、毎日会社に行くことは強制です。嫌でも行かなければなりません。そうした会社員の生活スタイルが苦痛だ…という人も多いでしょう。

IT企業に多いフレックスタイム制度があったり、自宅勤務ができる企業であれば、いくらか気持ちも楽になるでしょうが、働き方に自由がない職場ほど、行動が強制させられて苦痛に感じてしまいます。

原因6:行動を強制されるのが苦痛だから

こんな対策がおすすめ

自分で起業するしかない

自分で会社を作ってしまえば、働き方は自由自在です。 会社員が嫌な人は、さっさと会社をやめて、自分で起業してしまいましょう。

収入が多少減ったとしても、精神的な苦痛がなく自由な職場にいた方がずっと快適です。

原因7:プライベートが充実していないから

プライベートが充実していないと、人生において仕事のことを考える割合が多くなってしまいます。

そうなると仕事がうまくいってるときは良いですが、うまくいってないときは、仕事の苦しさばかり目につき、サザエさん症候群になります。

とくに、土日は寝ているだけだったり、体を休めることだけに休日を使っている人ほど、日曜の夕方は憂鬱に感じるでしょう。

原因7:プライベートが充実していないから

こんな対策がおすすめ

仕事以外の楽しいことがたくさんあるほど、「仕事は人生の一部でしかない」と考えられるようになります。

プライベートを充実させるほど、仕事は「苦痛」よりも「さっさと終わらせてしまおう」という前向きな気持ちが出てきます。

人脈を広げる

まずは人脈を広げることです。家族や友人と遊びに行くのはもちろん、交流パーティにも出かけましょう。

慣れた相手と遊ぶより、積極的に新しい交流を広げた方が刺激が増えて、仕事のことばかり考えなくなります。

趣味を始める

新しい趣味を始めると、日曜の夕方はもちろん、月曜日の朝も、仕事中も、趣味のことを考えるようになります。

憂鬱な気持ちになる前に、楽しい趣味の内容が頭に浮かんでくるため、サザエさん症候群になりにくいでしょう。

恋をする

恋をすると、その人のことばかり考えるようになるため、仕事のつらさに目が行きにくくなります。

「明日の仕事が嫌だなあ」という気持ちより、「仕事終わりにデートするから何を着て行こう」という気持ちに切り替われば完璧でしょう。

たまにはズル休みしてしまえ

人によっては、毎週サザエさん症候群になっている人もいるでしょう。

どうしても気持ちがつらい時は、

明日は仮病を使って会社を休むぞ!

と最初から決めてしまいましょう。

これは精神の回復にかなり効果的なので、やったことがない人はぜひ試してください。

体調不良というのはかならずしも発熱などの病気だけではありません。心の不調も体調不良なのです。自分で感情をコントロールするためには、ズル休みを上手に使いましょう。

一番効果的な方法はズル休み

まじめで完璧主義な人ほど「休みなんて取れない!」と言うので、もっと上手に適当な性格になることが大切です。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

ストレスをやわらげるコラム

★facebookページ

スポンサーリンク

新年に向けて運気アップ!!
開運グッズを買っておこう

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。お悩みを投稿いただければ、そのテーマで心理学とスピリチュアルな視点も含めてお話したいと思います。(個別の返信はできません)
また本コラムへ質問がある方は以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム