無料占いサイト恋愛と人間関係

色が印象的な夢の解釈

あなたの夢に色が印象的に出てきた場合、その色の意味を知っておくと、より詳しく夢の意味がわかるでしょう。

色が印象的な夢の解釈

赤(レッド)・オレンジ

色が印象的な夢の解釈

赤やオレンジ系の色は「情熱、熱意、やる気、生命、エネルギー」をあらわします。ただし、どす黒い印象が強い赤は「憎しみ、恨み、つらみ、怒り、攻撃性」をあらわすためとくに気をつけましょう。

赤いものを手にする
赤いものを手にしたり、身に着けたりするのは夢主が情熱をほしがっている。または情熱を手にすることをあらわす。どす黒い赤を手にしたなら夢主に憎しみがうまれること。
赤いものを手放す
赤いものを手放すのはやる気がなくなる、すなわちチャンスを失う可能性がある。どす黒い赤を手放した場合は夢主から恨みが消えること。
赤いものをもった人物
やる気のある人物をあらわす。どす黒い赤が印象的であるなら、恨みをもった危険人物をあらわす。その人物が知っている場合は気をつけましょう。
スポンサード リンク

青(ブルー)

色が印象的な夢の解釈

青は「冷静さ、潜在意識、知性、安らぎ」をあらわします。汚いブルーの印象が強い場合は、「身体の不調、霊的なもの、コンプレックス」をあらわすこともあります。

青いものを手にする
青いものを手にしたり、身に着けたりするのは夢主が冷静さや落ち着きを手に入れること。または自分の心の内側と向き合おうとしているときによく見る。汚い青の場合は夢主がよくないものに触れようとしていること。
青いものを手放す
青いものを手放すのは活気にみちること。冷静さを失うという意味があるが、これはよい方向へ働くことが多い。
青いものをもった人物
冷静さをもった人物をあらわす。または霊的な存在である。その人物がよい印象であればアドバイスをくれる相手である。悪い印象をもった場合は夢主が恨まれている可能性がある。

緑(グリーン)

色が印象的な夢の解釈

緑は「平和、癒し、健康、友情」をあらわします。汚い印象が強い場合は、「不健康、人間関係の不和」などを意味します。

緑のものを手にする
緑のものを手にしたり、身に着けたりするのは夢主が健康や人間関係の安らぎを手に入れること。緑が汚い印象が強い場合は、自分のテリトリーが侵されたり不和がうまれること。
緑のものを手放す
緑のものを手放すのは平穏や安らぎが消えること。家族のあいだに不和が起きる可能性もある。
緑のものをもった人物
心が豊かな人物をあらわす。たよれる相手、夢主を受け入れてくれる相手である。緑が汚い印象だった場合はその人物こそが人間関係でこじれる原因をつくる張本人である。
スポンサード リンク

黒(ブラック)

色が印象的な夢の解釈

黒には様々な意味があり、「権力、強さ、安定」といったよい意味もあれば、「憎しみ、この世の終わり、空虚、地獄、悪夢」といった悪い意味もあります。一緒に登場したシンボルや人物と合わせて考えます。

黒いものを手にする
黒いものを手にしたり、身に着けたりするのは夢主が悪に染まること。または権力や強さを手に入れること。または寂しさや憎しみを抱えることをあらわす。
黒いものを手放す
黒いものを手放すのは浄化を意味する。悪いものからの解放や、憎しみ、うらみ、つらみが消えることをあらわす。
黒いものをもった人物
危険人物をあらわす。とくに知っている人物だった場合は気をつけてください。家族だった場合はその人物が恨みを持っていることをあらわし、その対象はかならずしも夢主ではない。

黄色(イエロー)

色が印象的な夢の解釈

黄色は明るさや楽しみ、一時の幸せ、金運の向上をあらわします。ただし黄色は一時的な幸運をあらわすことが多く、短期間で消えていくことが多いです。また目がちかちかするドギツイ黄色は危険色であり、警告をあらわすことがあります。

黄色いものを手にする
黄色いものを手にしたり、身に着けたりするのは夢主に楽しい時間が訪れる。一時的な幸せや、一時的な金運アップが望める。ちょっとした臨時収入が入る。
黄色いものを手放す
黄色いものを手放すのは楽しみが消える。金運がなくなる。
黄色いものをもった人物
楽しい人物をあらわす。幸運を運んできてくれる相手である。また夢主に対して友情や家族愛といった好意を持っている人物である。
スポンサード リンク

桃色(ピンク)

色が印象的な夢の解釈

ピンクは「愛情、思いやり、母性、女性らしさ」をあらわします。家族愛をあらわすこともあるし、男女愛を意味することもあります。汚いピンクが印象的である場合、不倫や性的な意味しかもたない不純な関係をあらわすこともあります。

ピンクのものを手にする
ピンクのものを手にしたり、身に着けたりするのは愛情をもらえる。またはちょっとしたロマンスが訪れるあらわれ。または夢主が思いやりに包まれている人物であることを意味する。汚いピンクは不純な恋愛に巻き込まれる可能性をあらわす。
ピンクのものを手放す
ピンクのものを手放すのは愛情がなくなる。思いやりが得られないこと。
ピンクのものをもった人物
思いやりや愛情を持った人物をあらわす。幸運を運んできてくれる相手である。好きな人がピンクを持っていた場合は夢主を好意的な目で見ていること。

白(ホワイト)

色が印象的な夢の解釈

白は純真をあらわしますが霊的な意味が強いです。人の生死にかかわることや、神様からのメッセージをあらわすこともあり、気をつけるべき夢です。

白いものを手にする
白いものを手にするのは純真さをあらわす。ただし白いものを身に着けるのはその人物が亡くなったり、家から出ていったり、環境が大幅に変わったりする。かならずしも悪い意味ではないが、気をつけるべき夢である。
白いものを手放す
白いものを手放すのは純真さがなくなる。心の支えがなくなること。夢主を守ってくれていたものが去っていくこと。
白いものをもった人物
夢主に幸運やアドバイスを与える人物。もしその人物が白い衣服をまとっている場合は、死を暗示することもあるため気をつけるべき。
魂からのメッセージを
聞いてください

夢の世界は、あなたの潜在意識であり、魂の叫びです。

魂からのメッセージをしっかり聞けば、これまで知らなかった真実や、今から訪れる運命もわかるのです。今のあなたは気づかないことでも、魂はすべて知っています。

いまなら1回1500円のスピリチュアル鑑定が無料でできます。

スピリチュアルな視点で、魂の声を聞きましょう。本当のあなたに触れてみてください。
スポンサード リンク

夢の吉凶診断ができます

夢占いキーワード辞典


その夢の意味
もっと詳しく教えます

本サイト内にあなたのお探しのキーワードがない場合は、スピリチュアルカウンセラーが診断してサイト内へ反映させます。匿名投稿なので、ぜひお気軽にどうぞ。

その夢の意味を
さらに詳しく

夢がもっとわかるコラム

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります

★占いの新着がfacebookで受け取れます