無料占いサイト恋愛と人間関係

facebookやLINEなどSNS疲れの原因と対策

facebookやLINE、TwitterなどのSNS…もはや私たちの生活の一部となっていますが、 あまりにSNSの世界に浸かりすぎると、それがストレスとなってしまいます。

ここではSNSに疲れる人の特徴と、その対策についてお話しします。

好きなことを自由に投稿していい

sns投稿人生には喜怒哀楽あるので楽しい話題ばかりではないですが、SNSにおいてはよい話題を書くほど周囲からの反応が大きいですよね。

なのでつい明るい内容ばかり書こうとしてしまいますが、それをやると疲れる原因となります。

たしかにマイナスな発言ばかりしていると奇妙な目で見られるでしょうが、それを気にせず、たまには感じたことを素直に投稿したほうがストレス発散になりますし、人間らしい一面が見えて好感を持たれます。

スポンサーリンク

いいね!が押されなくても気にしない

顔写真 人は自分が興味を持ったときにいいね!を押します。興味を持たなければ押さないので、それ以上の深い意味はありません。

たまに「今日は○○さんからいいねがなかったけど、私のこと嫌いになったのかしら?」と考えてしまう人がいますが、考えすぎです。

SNSはあくまでネット上の付き合いなので、好きなときに見られる掲示板であることを忘れてはいけません。内容にかならず反応する必要はないし、他人が反応してくれることを期待してもいけないのです。

悪いコメントに過剰反応しない

過剰反応 いいね!と違い、コメントを書き込む人は自分の意見をはっきり言える人です。自分の意見に自信があるからこそ書き込むので、きつい言葉が増える傾向があります。

さらに文字だけの世界なのでニュアンスが伝わりにくく、必要以上に悪く捉えがちです。実際に面と向かって言われたら大した発言ではないことも多いので、重くとらえないことです。

また、どんなに正論を述べたとしてもかならず反対意見を述べる人は出てきます。友達の人数が多いほどその傾向が大きくなります。これはもう仕方のないものとし、悪いコメントに慣れるしかありません。

他人の幸せと比べない

他人の幸せと比べる他人の幸せそうな投稿を見ると、自分の人生と比べてしまうことがあります。

SNSへの投稿は、最高に楽しかった一瞬だけを写真にして載せるので、そうした投稿が増えると、はたから見ると、あたかもその人の人生すべてが最高に見えるのです。

ですが実際に楽しかったのはその一瞬だけであって、投稿した人も普段は地味な生活を送っているかもしれません。

他人の投稿を見て自分の人生を悲観する必要はありません。あなたも今まで生きてきた中で、楽しい「一瞬」はたくさんあったはずなのですから。

リアルな人間関係とリンクさせない

人間関係ママ友達や職場の関係など、普段から密接に接している人とのSNSは、可能な限りやってはいけません。

仲のよいグループだったとしてもやらないほうがいいです。身近な人とのSNSは、普段も付き合いがあるため、ネットでつながっている24時間ずっと、その人たちと人づきあいが続いている感覚に陥るからです。

そのため、余計にリアルな生活をリンクさせやすくなり、必要以上に嫉妬したり、相手に興味を持ち、自分と比べてしまったりします。

とくにママ友達の関係はSNSいじめとして問題になっており、コメントしなかったことを理由に翌日から無視されるなど実生活にも大きく影響した事例があります。できる限りこうした相手とのSNSはやめましょう。強制的にやらされているならば辞める勇気も必要です。

スポンサーリンク

他人とちがったっていい

スポーツと体育会系これは日本人特有の性質でもありますが、他人と同じことをして安心感を得ています。他人と同じ場所にいて、同じ行動をおこし、似た恰好をして安心し、他人にもそれを求めることがあります。

世界を見渡せばもっとさまざまな価値観や生き方があるのに、グループの中にいることでそれが見えなくなることがあるのです。(とくにママ友など)

他人とちがったっていいんです。嫌な相手にいちいち過剰反応してしまったり、他人の様子が気になるのもすべて、広い世界を知らないことが要因のひとつです。

すこし変わった人間と接したり、おもしろい人と話したり、たくさんの人脈を広げることでこれらは解決できます。もっとも効果的なのは外国人と交流を持つことです。

嫌な相手はきちんと断る

断る 「いいねしてよ!」「コメントしてよ!」と強制してくる相手には、きちんと自分のペースでSNSを楽しみたいことを伝えましょう。

それでわかってもらえないならば、その相手は自分のことしか考えられない寂しい人間なのです。

投稿したことにコメントをもらいたくない場合は、投稿範囲を限定するなどしてSNSの機能を積極的に使っていきましょう。

孤高のオオカミがSNS疲れを防ぐ

一匹狼一匹狼という言葉がありますが、SNSにおいてはこのスタイルがもっとも楽なようです。一匹狼は精神的に自立していて他人に依存しません。好きなことをして好きに生きています。

なのでSNSにおいても、好きな内容を好きなだけ書く。 何を言われてもコメントがなくても気にしない。他人の投稿にも執着しない。基本的に他人の投稿には関心がなくていい。気に入った他人の投稿があれば、気が向いたときだけ自分もコメントをする。 このようなスタイルであればSNS疲れにならないでしょう。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

SNSを上手に楽しもう
スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

▼facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります