無料占いサイト恋愛と人間関係

職場の人間は3タイプある燃える人、燃やされる人、火消しの人

職場の人間には、3つのタイプがいます。

  • ①自分で燃える人
  • ②他人から燃やされる人
  • ③火を消す人

これはビジネスの自己啓発などでよく言われている概念で、

「火」は情熱や意欲

をあらわしています。

①自分で燃える人

自分で燃える人自分で目標設定などを定め、自ら動ける人のことです。やりたいことがある人であり、他人に左右されない人でもあります。

これに当てはまる人は全体の1割以下だと言われており、創業者や会社のリーダー、企画発案者として活躍します。

スポンサーリンク

②他人から燃やされる人

他人から燃やされる人周りが活躍している様子を見て自分もやる気を出したり、他人に励まされて意欲がわく人のことです。

自ら行動する能力はそれほどありませんが、よき先輩や上司がいたり、ご褒美がわかりやすい形で提示されると仕事で大いに活躍します。

これに当てはまる人は全体の8割以上いると言われています。ほとんどの人がこれなのですね。

③火を消す人

火を消す人批判ばかりして周りの士気を下げる人のことです。

状況を正確に分析したり、リスクの把握は大事です。そうした批判や指摘は危機管理として必要なので、そうした人は火消しの人ではありません。ここでいう火を消す人とは、

感情に任せてただ文句を言うだけの人

を言います。

これに当てはまる人は全体の1割以上いると言われており、組織においては不要な人材とされています。

スポンサーリンク

火を消す人はどこへ行ってもうまくいかない

③の火を消す人は周囲に悪影響しか与えません。

職場の人間関係でうまくいかない

「同僚の誰ともうまく付き合えない」「転職ばかりしていつもうまく行かない」という人はもしかするとこれに当てはまっているかもしれません。

個人で仕事をしているならいくらでも好きなようにやってかまいませんが、集団組織にいる限りは周囲との調和が必要です。

組織でうまくやっていくためには、かならず①自分で燃える人になるか、②他人から燃やされる人のどちらかに変わらなければなりません。

私生活でも火を消す人は嫌われる

プライベートの生活においても同じです。火を消す人、すなわち悪いところばかり目について批判ばかりする人は、友達の人数が少なかったり、長く人付き合いできないでしょう。

会社で嫌われる人

日本では昔から「悪いところを直す」という習慣があります。そのため私たちも無意識にそうした意識が芽生えることが多いです。

ですがこれからは「よいところを伸ばす」スキルが組織において重要視されます。

自分のよいところはもちろん、他人のよいところも見つけられる人こそが、仕事もプライベートも充実した毎日が送れるようになるでしょう。

スポンサーリンク

このコラムをシェアしてこの話題についてあなたの意見を聞かせてください。

あなたの仕事適正を調べてみましょう

仕事診断

ストレス解消するコラム

スポンサーリンク

スピリチュアルカウンセラー沢村です

スピリチュアルカウンセラー

コラムの著者であるスピリチュアルカウンセラーの沢村駿介です。あなたの悩みを解決するヒントがサイト内にない場合、お悩みを投稿いただければ、そのテーマでスピリチュアルな視点でお話したいと思います。
また、本コラムへの質問や、参考になった、よかったよ、などのコメントがある方は、以下のフォームではなく、お問合わせまたは以下のfacebookページからメッセージをいただければ幸いです。
悩みを投稿する前に、ぜひ沢村についてをご覧ください。

投稿フォーム

★facebookページ

真剣に悩んでいるあなたへ
相談にのります